「iOSデバイスと共有 (WebDAV)」機能で便利になるiOSアプリ

Lion Serverの「iOSデバイスと共有 (WebDAV)」機能を使うと、簡単にiOSアプリから共有ポイントに置いたファイルにアクセスできるようになり、iOSアプリで作成したファイルを保存することもできるようになります。ファイル共有なのでアクセス権の設定も簡単です。
そうすると、個人的に便利だなと感じているのが、「GoodReader」や「iAnnotate PDF」です。これらのアプリはいずれもWebDAVサーバに接続することができます。
Lion Serverの「iOSデバイスと共有 (WebDAV)」機能はWebDAVサーバなのでWebDAVサーバに対応したこれらのアプリは直接アクセスできます。
例えば、プリントアウトして手元に置きながら作業していた書類を、プリントアウトせずにPDFにしてサーバにおいておいて、GoodReaderでiPadと同期させて、iPadに表示する。プリントアウトするのと同じように手元で書類が読めます。後でシュレッダーにかける手間もいりません。
校正を行う書類なら、「注釈入り」と「オリジナル」というフォルダを作成して、両方にPDFにした書類を置きます。そして、iAnnotate PDFで、「注釈入り」の方をダウンロードして、校正しながら注釈を追加。終わったら、「アカウントにアップロード」機能を実行。すると、サーバの「注釈入り」フォルダの中のPDFは、iPadで注釈を入れたファイルに置き換わります。
プリントアウトした資料に赤ボールペンで書き加えていくよりも手軽です。
どちらのツールも単純なダウンロード&アップロードだけではなく、「同期」という形ができるのでとても魅力的です。
GoodReader
iAnnotate
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. MSM 2011でのセッション内容を決めました

  2. Safariのタブのタイトルが更新されない問題解決

  3. 紹介 – 「仕組み」進化論

  4. JIRAのステータスに「保留」を追加する

  5. Mac版のExcel 2016とATOK 2015は相性が悪い?

  6. Bluetooth使用不能から復活

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事