「iOSデバイスと共有 (WebDAV)」機能で便利になるiOSアプリ

Lion Serverの「iOSデバイスと共有 (WebDAV)」機能を使うと、簡単にiOSアプリから共有ポイントに置いたファイルにアクセスできるようになり、iOSアプリで作成したファイルを保存することもできるようになります。ファイル共有なのでアクセス権の設定も簡単です。
そうすると、個人的に便利だなと感じているのが、「GoodReader」や「iAnnotate PDF」です。これらのアプリはいずれもWebDAVサーバに接続することができます。
Lion Serverの「iOSデバイスと共有 (WebDAV)」機能はWebDAVサーバなのでWebDAVサーバに対応したこれらのアプリは直接アクセスできます。
例えば、プリントアウトして手元に置きながら作業していた書類を、プリントアウトせずにPDFにしてサーバにおいておいて、GoodReaderでiPadと同期させて、iPadに表示する。プリントアウトするのと同じように手元で書類が読めます。後でシュレッダーにかける手間もいりません。
校正を行う書類なら、「注釈入り」と「オリジナル」というフォルダを作成して、両方にPDFにした書類を置きます。そして、iAnnotate PDFで、「注釈入り」の方をダウンロードして、校正しながら注釈を追加。終わったら、「アカウントにアップロード」機能を実行。すると、サーバの「注釈入り」フォルダの中のPDFは、iPadで注釈を入れたファイルに置き換わります。
プリントアウトした資料に赤ボールペンで書き加えていくよりも手軽です。
どちらのツールも単純なダウンロード&アップロードだけではなく、「同期」という形ができるのでとても魅力的です。
GoodReader
iAnnotate
 

関連記事

  1. プロパティ「clipToBounds」の見落としに注意

  2. 「iPadで学ぶ はじめてのプログラミング」の見本誌が届きました

  3. Gitの管理ディレクトリを分離する

  4. XcodeのリファレンスはiOSとOS Xアプリの開発を区別してくれる…

  5. 仮想マシンと実機

  6. Macで使えるMarkdownエディタ

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI