Lion Serverの「iOSデバイスと共有(WebDAV)」を使ってみた

Lion Serverのファイル共有は新たに「iOSデバイスと共有(WebDAV)」という機能がつきました。名前の通り、WebDAV経由でファイル共有しているフォルダにアクセスできるというもので、結構便利です。
次のようなURLで接続できるようになります。
http://サーバーのアドレス/webdav
例えば、PagesのiPhone版でアクセスしたいときは次のようにします。

  1. 左上の「+」ボタンをタップ
  2. 「WebDAV」ボタンをタップ
  3. 認証ダイアログで、「サーバアドレス」に上のURLを入力、ユーザ名とパスワードはサーバに設定したアカウントを入力して、右上の「サインイン」をタップ
  4. 設定した共有ポイントが表示されます

後は、普通にフォルダにもぐったりできるので、開きたいファイルを開きます。
共有先に保存したいときは、次のようにします。

  1. 右上の工具アイコンのボタンをタップ
  2. 「共有とプリント」から「WebDAVにコピー」をタップ
  3. 保存したいフォーマットを選択。このとき、既に開くときに設定したWebDAVにサインインされている状態になっています
  4. 保存先を選択して、右上の「コピー」ボタンをタップ
  5. ファイルが保存される

なお、SSLで暗号化するように設定することもできるようです。
Lion Server : Active Directory アカウントに対して WebDAV 共有を設定する

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. AppleのApp Storeの審査基準が公開されました

  2. お問い合わせフォームのリニューアル

  3. ParallelsのUSB制御がとても良くなっている

  4. 新規ライセンス発行を終了しました

  5. 自動アップデート機能のためのフレームワーク

  6. 仮想マシンでキーボードが反応しなくなったけど、すぐ、復活

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事