「STAssertEqualObjects」で「NSData」の違いは検出できない?

Xcodeから行うユニットテストで、2つのオブジェクトが等しいことをテストするには次のように記述できます。
[cc lang=”objc”]
STAssertEqualObjects( obj1, obj2, nil );
[/cc]
しかし、これを「NSData」に対して行うと、2つの「NSData」が等しいときには問題が無いのですが、異なるときにテストが完了せずにフリーズするという現象が起きてしまいました。
そのた、「NSData」のテストを行いたいときは、次のようなコードを書く方が安全な見込みです。
[cc lang=”objc”]
STAssertEquals([data1 length], [data2 length], nil);
STAssertEquals(memcmp([data1 bytes], [data2 bytes], [data1 length]), 0);
[/cc]
しかし、謎です。「STAssertEquals」は「isEqual:」メソッドで2つのオブジェクトが等しいかテストしているので、「NSData」であっても動くはず。次のように「isEqual:」メソッドを使ったテストコードを書くと、普通にエラー検出されました。
[cc lang=”objc”]
STAssertEquals([data1 isEqual:data2], YES, nil);
[/cc]
なお、テスト環境はMac OS X 10.6.8 + Xcode 3.2.6という環境です。他の環境だと状況が違うかも。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. ArduinoからマイクロSDカードへの書き出し

  2. Confluenceで日報を書く

  3. MOSA Software Meeting 2012で講師をしました

  4. iPhone 7のSuicaを試してみた

  5. Netbeansで開発しているものをBambooでテストする

  6. インターネットリカバリをするためのネットワーク設定

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事