「STAssertEqualObjects」で「NSData」の違いは検出できない?

Xcodeから行うユニットテストで、2つのオブジェクトが等しいことをテストするには次のように記述できます。
[cc lang=”objc”]
STAssertEqualObjects( obj1, obj2, nil );
[/cc]
しかし、これを「NSData」に対して行うと、2つの「NSData」が等しいときには問題が無いのですが、異なるときにテストが完了せずにフリーズするという現象が起きてしまいました。
そのた、「NSData」のテストを行いたいときは、次のようなコードを書く方が安全な見込みです。
[cc lang=”objc”]
STAssertEquals([data1 length], [data2 length], nil);
STAssertEquals(memcmp([data1 bytes], [data2 bytes], [data1 length]), 0);
[/cc]
しかし、謎です。「STAssertEquals」は「isEqual:」メソッドで2つのオブジェクトが等しいかテストしているので、「NSData」であっても動くはず。次のように「isEqual:」メソッドを使ったテストコードを書くと、普通にエラー検出されました。
[cc lang=”objc”]
STAssertEquals([data1 isEqual:data2], YES, nil);
[/cc]
なお、テスト環境はMac OS X 10.6.8 + Xcode 3.2.6という環境です。他の環境だと状況が違うかも。

関連記事

  1. iPhone用のページのスクリーンキャプチャです

  2. MacPro 2013からHDMIで60Hzのリフレッシュレートにした…

  3. 面白いコンセプトのテキストエディタ – OmmWriter…

  4. Mac Miniで minidlna を動かす

  5. XcodeのリファレンスはiOSとOS Xアプリの開発を区別してくれる…

  6. ParallelsのUSB制御がとても良くなっている

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 2020.10.21

    GitLabへの移行