[紹介] つくって覚える「Java Servlet入門」

Java Servletの入門書。手頃なサイズですが、サーブレットを作ろうと思ったときに、思い浮かぶ、DBへの接続方法やフォームからの情報の取り方、セッションの使用方法などが書かれているわかりやすい本でした。

私はNetbeansを使っているので、本書での操作説明のところは、Eclipseなので、そこら辺は読み替えながら読みましたが、戸惑うことはありませんでした。DBはMySQLを使って解説されています。
サブタイトルに「つくって覚える」とある通り、読みながら実際に作業してみるのが良いと思います。各章のサンプルは規模は大きくなく、その章で学習したい内容に絞った機能を実装するという感じです。
ただし、本書はその名の通り「サーブレット」の入門書です。JSPについては解説していないので、JSPも勉強したいと思っている人は、別のJSPの本も併用した方がベターです。

つくって覚えるJava Servlet入門
オフィス加減
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 318002

関連記事

  1. Netbeansで開発しているものをBambooでテストする

  2. セットアップは楽にしないとダメですね

  3. JavaとRetinaディスプレイ

  4. VMware FusionでSierraを動かすときはメモリ設定に注意…

  5. MultiTextConverter 3.5.5を公開しました

  6. Mac用Subversionクライアントから3つピックアップ

最近の著書

最近の記事