Mac版のWordで設計書を作るとき

Mac版のWordで設計書を作るとき、挿入する図のフォーマットを気をつけると最終的なアウトプットがきれいに仕上がります。私の場合は、次のようなソフトを使っています。

  • Microsoft Word 2011
  • Adobe Illustrator CS3
  • astah UML

最終的なアウトプットはPDFにしています。この組み合わせでPDFを作成したときに、挿入した図がベクトルデータのまま維持される方法を調べてみました。

astahからの出力

astahはUMLのモデリングソフトですが、いくつかのエディッションがあります。この中で、ベクトルデータを出力できるのは、astah UMLとastah Professionalです。Community版ではベクトルデータの出力はできません。
私は、astah UMLを使っています。astah UMLは、正式にはWindows版ですが、非公式なMac版が存在するので、それを使います。ベクトルデータを出力するには、「ツール」メニューの「図を画像ファイルに出力」から「図をSVG形式で保存」を選択します。なお、Windows版の場合は、「図をEMF形式で保存」を選択すればOKです。

astahはUMLのモデリングソフトですが、いくつかのエディッションがあります。この中で、ベクトルデータを出力できるのは、astah UMLとastah Professionalです。Community版ではベクトルデータの出力はできません。 私は、astah UMLを使っています。astah UMLは、正式にはWindows版ですが、非公式なMac版が存在するので、それを使います。ベクトルデータを出力するには、「ツール」メニューの「図を画像ファイルに出力」から「図をSVG形式で保存」を選択します。なお、Windows版の場合は、「図をEMF形式で保存」を選択すればOKです。

Microsoft Word 2011への挿入

Mac版のWordでは、ベクトルデータとして、PDF、EMF、EPSが使えます。しかし、astah UMLから出力できるのは、SVGのため、変換が必要です。この点、Windows版は直接、EMF形式の出力ができるので楽です。
SVGからの変換には、IllustratorやInkscapeが使えます。私の環境ではInkscapeでは黒く塗りつぶされてしまうことなどがあり、正しく動作しなかったので、Illustratorを使用しました。
Illstratorは、EPSとEMF、PDFのいずれも出力できます。どれがWordでPDFにしたときにきれいなのか、検証してみたところ、EPSが良いようです。
PDFの場合は、Illstratorでのキャンバスサイズ(用紙サイズ)でトリミングされます。EMFの場合は、文字や角丸が少し、いびつになります。

EMFで挿入したとき


EPSで挿入したとき

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. StoryboardやXibは使わない方が良いかも?

  2. Swiftではコードのエラー判定は強めに

  3. Lionを入れるには非力すぎた

  4. [お知らせ] UdemyでiOSアプリの開発方法について解説した講座の…

  5. MSM 2019 in 原宿 のレポートページが公開されました

  6. クラスのモダン化

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事