自動アップデート機能のためのフレームワーク

最近、Cocoaで作られているソフトで、自動アップデート機能が付いているものが増えてきたと感じます。今日も一本、アップデートを行ったのですが、そのときに動作をよ〜く観察していたところ、「sparkle updater」というアプリケーションが起動することに気が付きました。早速検索してみると、「Sparke」というフレームワークを発見しました。
・Sparkle
http://sparkle.andymatuschak.org/

このフレームワークの機能は、ソフトウェアアップデート機能を簡単に導入できるというもののようです。私の使っていたアプリケーションでは次のような動作でした。

  1. 自動的にアップデータが公開されているかチェックする
  2. 公開されていれば、ウインドウを表示する
  3. ウインドウには更新内容と更新するかどうかを選択するボタンが表示される
  4. 更新するようにすると、自動的にアップデータをダウンロードして、アプリケーションを終了して、差し替えて、アプリケーションを再起動する

Webサイトを見てみると、いろいろなアプリケーションで採用されているようなので、最近、増えたなぁ〜と感じたのは、このフレームワークのおかげなのでしょうか。
Mac App Storeに公開しているアプリケーションならば、Mac App Store経由でアップデートができますが、それ以外のアプリケーションでは、これを使うのも良いと思います。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. Webサイト全体をHTTPS化

  2. Mac App Store版に乗り換え後の認識エラー?(解決)

  3. 新規ライセンス発行を終了しました

  4. Mac Miniで minidlna を動かす

  5. BootCampを使ったMacへのWindows XPのインストール

  6. 「googletest」をXcodeで使う

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事