Snow Leopard ServerでのRedmineのバックアップについて

Snow Leopard ServerでRedmineのバックアップについて調べてみたので、ここに書きます。ほぼというか、完全にMySQLのバックアップという内容になっていますが。。。

Redmineで、バックアップを行う必要があるものは次の2つのようです。

  • データベース
  • filesフォルダ

Snow Leopard Server (Mac OS X 10.6 Server) ならば、filesフォルダについてはTime Machineが定期バックアップを行ってくれるので、それに任せてしまって良いと思います。
データベースについては、シェルスクリプトをCronで動かせば良いと思います。
私の場合は、MySQLサーバーを使っているので、次のようなシェルスクリプトを毎日、決まった時間に動かしています。

このスクリプトを「mysql-backup」などの名前で保存して、ターミナルで次のようにしてパーミッションを変更します。

あとは、Cronに登録します。Cronへの登録は設定ファイルを編集すれば良いのですが、Macでは、次のアプリケーションを使ってしまった方が簡単です。
Cronnix
このアプリケーションで「mysql-backup」スクリプトを定期的に実行するように設定します。使い方については、次のページに分かりやすく解説されていましたので、そちらを参照してください。
わかばマークのMacの備忘録 : Cronnix

関連記事

  1. FTPサービスの設定 (vsftpdの導入)

  2. Swift逆引きハンドブックのSwift 3.0対応についての情報を公…

  3. もうマウスには戻れない

  4. 新刊の原稿書き上がりました

  5. iPhoneやiPadでのフォルダはジャンルより作業で区切った方が良さ…

  6. MOSADeN ONLINE 第24回の記事を入稿しました

最近の著書

最近の記事