Snow Leopard ServerでのRedmineのバックアップについて

Snow Leopard ServerでRedmineのバックアップについて調べてみたので、ここに書きます。ほぼというか、完全にMySQLのバックアップという内容になっていますが。。。

Redmineで、バックアップを行う必要があるものは次の2つのようです。

  • データベース
  • filesフォルダ

Snow Leopard Server (Mac OS X 10.6 Server) ならば、filesフォルダについてはTime Machineが定期バックアップを行ってくれるので、それに任せてしまって良いと思います。
データベースについては、シェルスクリプトをCronで動かせば良いと思います。
私の場合は、MySQLサーバーを使っているので、次のようなシェルスクリプトを毎日、決まった時間に動かしています。

#!/bin/sh
mysqldump --user=root --password=password -A --opt > "バックアップ先ディレクトリ/db_`date + %Y%m%d%H%M%S`.sql"

このスクリプトを「mysql-backup」などの名前で保存して、ターミナルで次のようにしてパーミッションを変更します。

chmod 755 mysql-backup

あとは、Cronに登録します。Cronへの登録は設定ファイルを編集すれば良いのですが、Macでは、次のアプリケーションを使ってしまった方が簡単です。
Cronnix
このアプリケーションで「mysql-backup」スクリプトを定期的に実行するように設定します。使い方については、次のページに分かりやすく解説されていましたので、そちらを参照してください。
わかばマークのMacの備忘録 : Cronnix

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. Mail.app 5.1 から Outlook 2011 への移行

  2. iOS 6.1でSDK的に変わったこと

  3. Nexus7完全放電から復活まで

  4. 堀之内公園の大賀ハス

  5. Bluetooth使用不能から復活

  6. 最近のOS Xでのインストーラ作成

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事