Snow Leopard ServerへのRedmineのインストール

Redmineは、プロジェクト管理ソフトです。Webサーバ上で動かして使用します。今回、Snow Leopard Server (Mac OS X 10.6 Server) にRedmineをインストールしてみたのですが、公式のインストールドキュメントだけでは不十分なところがあったので、備忘録をかねて、ここにセットアップ手順をまとめます。

今回、セットアップにあたり、下記のサイトやページを参考にさせていただきました。
Redmine.JP
lifeLOG + REPOsitory: プライベートな問題追跡システムが欲しい
Snow LeopardにRedmineを導入まとめ – sugarballの日記

Xcodeのインストール

サーバー環境だとインストールしていない場合が多いと思いますが、インストールの途中でビルドが発生するので、Xcodeをインストールしておきます。

Rubyのアップデート

Snow Leopardサーバには標準でRubyがインストールされていますが、バージョンが古い場合があるので、ターミナルで次のように入力して、RubyGemsとRuby On Railsをアップデートします。

sudo gem update --system
sudo gem update rails

MySQLのヘッダファイルとライブラリのインストール

Snow Leopard Serverには標準でMySQLがインストールされていますが、MySQLのデータベースドライバをビルドするときに必要なヘッダファイルとライブラリがインストールされていないので、別途インストールが必要です。

以下のアップルのオープンソースのページから、使用しているサーバのOSのバージョンにあわせた、MySQLをダウンロードします。
例えば、Mac OS X 10.6.5 Serverでは、MySQL-54のバイナリパッケージをダウンロードします。

以下のアップルのオープンソースのページから、使用しているサーバのOSのバージョンにあわせた、MySQLをダウンロードします。例えば、Mac OS X 10.6.5 Serverでは、MySQL-54のバイナリパッケージをダウンロードします。
Open Source – Releases (Apple)
ダウンロードしたファイルを展開するといくつかのディレクトリが作成されますが、その中で、以下のディレクトリを、それぞれ、「url」ディレクトリ以下の適切なディレクトリに次のようにコピーします。
「include/mysql」を「/usr/include/mysql」にコピー
「lib/mysql」を「/usr/lib/mysql/」にコピー
次に、データベースドライバをインストールします。次のようにターミナルで入力します。

sudo env ARCHFLAGS="-arch x86_64" gem install mysql -- --with-mysql-config=/usr/bin/mysql-config

Redmineのダウンロード

オフィシャルサイトやRedmine.JPからRedmineをダウンロードします。アーカイブを展開したら、「/Library」ディレクトリなどに置きます。

インストール

Redmine.JPで公開されているインストール手順に従って作業します。

1. database.ymlの編集

「config」ディレクトリ内の「database.yml.example」をコピーして、「database.yml」という名前に変更します。内容を変更し、作成したRedmine用のデータベースの名前やユーザー名のなどを設定します。 もし、Redmine用のデータベースを作成していない場合は、ここで作成しておきます。
production:
adapter: mysql
database: redmine
host: localhost
username: redmine
password: my_password

2. セッションストア鍵を生成する

rake config/initializers/session_store.rb

3. テーブルを作成する

rake db:migrate RAILS_ENV=”production”

4. デフォルトのデータを登録する

rake redmine:load_default_data RAILS_ENV=”production”

5. Passengerをインストールする

sudo gem install passenger sudo passenger-install-apache2-module
このとき、成功すると最後の方で、httpd.confファイルに記入するべき、3行のコードが表示されるので、コピーします。例えば、私の環境では次のように表示されました。
LoadModule passenger_module /Library/Ruby/Gems/1.8/passenger-3.0.1/ext/apache2/mod_passenger.so PassengerRoot /Library/Ruby/Gems/1.8/gems/passenger-3.0.1 PassengerRuby /System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/1.8/usr/bin/ruby

6. httpd.confファイルに5で表示された3行を追加し、さらに次の2行を追加する。

RailsAutoDetect off
RailsBaseURI /redmine

7. 「http://host/redmine」というURLでアクセスしたいので、次のようにシンボリックリンクを作成する。

ln -s /Library/redmine-1.0.4/public /Library/WebServer/Documents/redmine

8. Webサーバを再起動する。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. JIRAのステータスに「保留」を追加する

  2. iCloudでのブックマーク同期はほぼリアルタイム

  3. 原稿執筆用ソフトを作り始めました

  4. 「Storyboardsを使った開発手法を学ぶ」のレポートが公開されま…

  5. NSURLクラスのフラグメントの解釈

  6. C言語逆引きハンドブックの発売日について

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

人気記事

最近の記事