SNSと秩序

mixiチェックが発表されました。これによってmixiでの知り合いに特定の商品などを簡単に紹介できる仕組みができます。
以前から、App StoreやAmazonにはレビューの投稿機能があり、口コミの要素がありましたが、匿名で投稿できるという仕組みから、適切ではない書き込みも多くありました。SNSとのつながりがでると、この状況に変化が起きるかもしれないと感じます。
SNSとのつながりがあるということは、書き込んだレビューなり口コミは、リアルに知っている人に読まれる可能性が高く、いい加減な事を書きづらくなります。
AppleのPingも一度、アカウントを作れば、レビューも、Pingで設定した名前が表示されます。ここで設定した名前は、決済に使われるので、本名の可能制が高く、現時点ではSNSとしてのつながりがあまりなくとも、徐々につながっていけば、いい加減なレビューは書きづらくなると思います。
SNSはもしかすると、インターネットに秩序を生むかもしれないと感じています。
「mixiチェック」提供開始 << 株式会社ミクシィ
アップル – iTunes – Ping

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. OSSのリポジトリで英語学習と技術学習

  2. 「改訂3版 基礎から学ぶiPhoneアプリ開発」発売です

  3. 今後はソフトがもっと重要になる

  4. ownCloudを入れてみた

  5. Wordのファイルの結合

  6. iPhone用のページのスクリーンキャプチャです

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事