Outlook 2007 が突然起動しなくなってしまったときの解決方法

突然、Outlook 2007が次のようなメッセージを表示して起動しなくなってしまいました。
cant-launch-outlook2007
「Microsoft Office Outlook を起動できません。Outlook ウインドウを開けません。」
Windows Updateが自動でインストールしたアップデータの中に問題があるものがあったのか、全く原因が思い当たりません。少し調べてみるとOffice Service Pack 2 (SP2) が怪しいということがわかりました。
それでも、削除して再度インストールされれば同じことの繰り返しなので、インストールされている状態での解決方法を調べてみました。

いくつかのサイトにいろいろな方法が掲載されていましたが、次のような方法で私の場合は解決できました。備忘録としてここに残します。

  1. 「スタート」から「コントロールパネル」を開きます。
  2. 「ユーザー  アカウントと家族のための安全設定」をクリックします。
  3. 「メール」をクリックします。
  4. 「メール設定」ウインドウが開くので、「プロファイルの表示」をクリックします。
  5. 「常に使用するプロファイル」で選択されているプロファイルを上のリストから選択します。
  6. 「コピー」ボタンをクリックして、新しい名前で保存します。半角英数字のみの名前の方が良いみたいです。
  7. 「常に使用するプロファイル」のコンボボックスで作成したプロファイルを選択します。
  8. 「OK」ボタンをクリックして閉じます。

この手順で私の環境では起動するようになりました。注意点が一つあります。開けなくなっているプロファイルを削除すると、また、起動できなくなりました。

関連記事

  1. MOSADeN Onlineの記事をアップしました

  2. 外付けSSDでHFS+とAPFSのベンチマークを取ってみました

  3. お問い合わせフォームのリニューアル

  4. MultiTextConverterのSwiftで書き直しを始めました…

  5. BLOGOSが良い感じ

  6. イラストを描いてもらいました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 2020.10.21

    GitLabへの移行
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI
  3. 基礎から学ぶ SwiftUI