Outlook 2007 が突然起動しなくなってしまったときの解決方法

突然、Outlook 2007が次のようなメッセージを表示して起動しなくなってしまいました。
cant-launch-outlook2007
「Microsoft Office Outlook を起動できません。Outlook ウインドウを開けません。」
Windows Updateが自動でインストールしたアップデータの中に問題があるものがあったのか、全く原因が思い当たりません。少し調べてみるとOffice Service Pack 2 (SP2) が怪しいということがわかりました。
それでも、削除して再度インストールされれば同じことの繰り返しなので、インストールされている状態での解決方法を調べてみました。

いくつかのサイトにいろいろな方法が掲載されていましたが、次のような方法で私の場合は解決できました。備忘録としてここに残します。

  1. 「スタート」から「コントロールパネル」を開きます。
  2. 「ユーザー  アカウントと家族のための安全設定」をクリックします。
  3. 「メール」をクリックします。
  4. 「メール設定」ウインドウが開くので、「プロファイルの表示」をクリックします。
  5. 「常に使用するプロファイル」で選択されているプロファイルを上のリストから選択します。
  6. 「コピー」ボタンをクリックして、新しい名前で保存します。半角英数字のみの名前の方が良いみたいです。
  7. 「常に使用するプロファイル」のコンボボックスで作成したプロファイルを選択します。
  8. 「OK」ボタンをクリックして閉じます。

この手順で私の環境では起動するようになりました。注意点が一つあります。開けなくなっているプロファイルを削除すると、また、起動できなくなりました。

関連記事

  1. HistoryEditor 1.5.1 Mac OS X版を公開しまし…

  2. 基礎から学ぶ SwiftUI

    MOSA新年会2020で新刊の紹介をします

  3. LionにphpMyAdminをセットアップする

  4. AppleのApp Storeの審査基準が公開されました

  5. 改訂版がもう少しで完成

  6. Macを起動するときのキーコンビネーション

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI