Outlook 2007 が突然起動しなくなってしまったときの解決方法

突然、Outlook 2007が次のようなメッセージを表示して起動しなくなってしまいました。
cant-launch-outlook2007
「Microsoft Office Outlook を起動できません。Outlook ウインドウを開けません。」
Windows Updateが自動でインストールしたアップデータの中に問題があるものがあったのか、全く原因が思い当たりません。少し調べてみるとOffice Service Pack 2 (SP2) が怪しいということがわかりました。
それでも、削除して再度インストールされれば同じことの繰り返しなので、インストールされている状態での解決方法を調べてみました。

いくつかのサイトにいろいろな方法が掲載されていましたが、次のような方法で私の場合は解決できました。備忘録としてここに残します。

  1. 「スタート」から「コントロールパネル」を開きます。
  2. 「ユーザー  アカウントと家族のための安全設定」をクリックします。
  3. 「メール」をクリックします。
  4. 「メール設定」ウインドウが開くので、「プロファイルの表示」をクリックします。
  5. 「常に使用するプロファイル」で選択されているプロファイルを上のリストから選択します。
  6. 「コピー」ボタンをクリックして、新しい名前で保存します。半角英数字のみの名前の方が良いみたいです。
  7. 「常に使用するプロファイル」のコンボボックスで作成したプロファイルを選択します。
  8. 「OK」ボタンをクリックして閉じます。

この手順で私の環境では起動するようになりました。注意点が一つあります。開けなくなっているプロファイルを削除すると、また、起動できなくなりました。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事