RKDetailDesign 1.6.1 公開しました

RKDetailDesign 1.6.1を公開しました。Mac OS X 10.6 Snow Leopard に対応しました。
>> RKDetailDesignはこちら

Snow Leopard 上でRKDetailDesignを使用したときに起きる下記の不具合を修正しました。

  • ファイルを開いたり、保存しても「スタート」ウインドウの「ファイル一覧」に追加されない。
  • 「新規ファイル作成」ウインドウを開くとクラッシュしてしまう。

その他、オプションを1つ追加しました。

プロジェクト内のファイルをファイル一覧に表示する

「環境設定」ウインドウに「プロジェクト内のファイルを最近使ったファイルに登録する」というオプションを追加しました。このオプションをONにすると、プロジェクト内のファイルも「最近使ったファイル」や「スタート」ウインドウの「ファイル一覧」に登録されます。デフォルトではOFFになっています。
RKDetailDesign 1.6.1 環境設定ウインドウ

関連記事

  1. iMac 27インチをホワイトボードの代わりにしたら作業効率が向上した…

  2. アドレスブックの保存先を明確にしたい

  3. Qt 4.5をVisual Studio 2008と組み合わせる

  4. MSM 2011でのセッション内容を決めました

  5. iOSアプリで使えるWebDAVのライブラリ

  6. クラスのモダン化

最近の著書

最近の記事