RKDetailDesign 1.6.1 公開しました

RKDetailDesign 1.6.1を公開しました。Mac OS X 10.6 Snow Leopard に対応しました。
>> RKDetailDesignはこちら

Snow Leopard 上でRKDetailDesignを使用したときに起きる下記の不具合を修正しました。

  • ファイルを開いたり、保存しても「スタート」ウインドウの「ファイル一覧」に追加されない。
  • 「新規ファイル作成」ウインドウを開くとクラッシュしてしまう。

その他、オプションを1つ追加しました。

プロジェクト内のファイルをファイル一覧に表示する

「環境設定」ウインドウに「プロジェクト内のファイルを最近使ったファイルに登録する」というオプションを追加しました。このオプションをONにすると、プロジェクト内のファイルも「最近使ったファイル」や「スタート」ウインドウの「ファイル一覧」に登録されます。デフォルトではOFFになっています。
RKDetailDesign 1.6.1 環境設定ウインドウ

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. ObjcのNSDictionaryとCppのmapはどっちが早いか

  2. JavaとRetinaディスプレイ

  3. 「iOSデバイスと共有 (WebDAV)」機能で便利になるiOSアプリ…

  4. VMware FusionでSierraを動かすときはメモリ設定に注意…

  5. 名著百選が開催です

  6. GUIクライアントを使うとコミット漏れが防げる気がする

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事