MacPro 2013からHDMIで60Hzのリフレッシュレートにしたい

私が使っているBenQのディスプレイは、複数のポートを持っていて、複数のマシンと接続できます。

  • Display Port v1.2
  • HDMI 1.4
  • HDMI 2.0
  • DVI

Mac Pro 2013からHDMIポートに接続して使うとリフレッシュレートが25Hzになってしまいました。マウスカーソルの動きが飛び飛びでなんか使いづらいという状態になってしまいました。

なぜ60Hzにならないのか

Mac Pro 2013とディスプレイはMac ProのHDMIポートからディスプレイのHDMIポートに接続しました。なぜ、このようになってしまったのでしょうか?

理由は、Mac Pro 2013のHDMIポートにあります。Mac Pro 2013のHDMIポートはHDMI 1.4という規格に準拠しています。HDMI 1.4は4Kディスプレイに60Hzで出力出来ません。4Kディスプレイに60Hzで出力するには、HDMI 2.0を使う必要があるのです。

もう一つの方法は、Display Portに接続する方法です。Mac Pro 2013にはThunderbolt 2ポートが複数あり、Thunderbolt2からDisplayPortに変換するケーブルを使えば4Kディスプレイに60Hzで出力出来ます。

しかし、既にDisplay Portは使ってしまっています。詳しくは次の記事をご覧ください。

解決策

解決策は、Thunderbolt 2からHDMI 2.0に変換するという方法です。そこで変換アダプタを探してみると、けっこう見つかりました。

私が使ったのは、Amazonで検索したら出てきた次の製品です。

iVANKY Mini DisplayPort to HDMI 変換アダプタ

次の写真のような感じで使っています。ケーブルもHDMI 2.0対応のケーブルを使うということも忘れずにです。

まとめ

結果は上手く4Kディスプレイに60Hzで出力出来るようになり、マウスカーソルの動きは滑らかになりました。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. MacBook Pro 2020 M1 のために Thunderbol…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事