SSHのクライアント側のセットアップ

SSHはリモート先と暗号化された通信を使って、安全に通信を行うためのプログラムです。例えば、GitHubに公開鍵を登録すれば認証にSSHを使い、通信にもSSH経由にするということが出来ます。

macOSには標準でクライアントプログラムがインストールされているので、すぐに使い始めることが出来ます。この記事では使い始めるための最初の設定方法を解説します。

秘密鍵と公開鍵を生成する

sshの鍵を生成するには次の様に操作します。

  1. ssh-keygenを使って鍵を生成する。
  2. 保存先を設定する。デフォルトのままでOK
  3. パスフレーズを設定する。任意のパスフレーズを入力

鍵のバックアップと復元

バックアップした鍵を復元するときや、事前に作成してある鍵を別のマシンに設定するときなどは以下の様にします。

  1. id_rsaid_rsa.pub~/.ssh ディレクトリにコピーする。
  2. パーミッションを設定する。

手順2のパーミッションの設定を行わないと、誰でも読める状態になっているので使用するときにエラーになります。

ssh-agentに鍵を登録

ssh-agentは、SSHを使って認証を行う時に便利なプログラムです。あらかじめ秘密鍵を登録しておくと、公開鍵で認証を行う時にパスフレーズの入力が不要になります。ssh-agentに秘密鍵を登録するには、ターミナルで次のようにします。「-K」オプションはパスフレーズをキーチェインに保存するというオプションです。

また、macOSの場合は ~/.ssh/config に以下の設定を先に書いておく必要があります。

関連記事

  1. SwiftでのバッファアクセスはwithUnsafeBytesを使う

  2. GPGの秘密鍵や公開鍵のバックアップ方法

  3. Markdownの編集環境をセットアップする

  4. Windows 7 SP1 のWindows Updateを成功させる…

  5. Atomで保存する時にファイル末の改行を消されないようにする

  6. セカンダリアプリ判定

最近の著書

最近の記事