iOSシミュレータの終了が重い

Xcode 9のiOSシミュレータは複数のシミュレータを起動出来るようになりました。そのため、レイアウト関連のコードを書いているときなどは、複数のシミュレータを切り替えながら使うので、数個のシミュレータが開いた状態になります。作業が終わってシミュレータを終了しようとすると重い。。。1分くらいマシンが固まります。カーソルすら動きが遅くなり、数秒で動かなくなります。
これは不具合なのか、仕様なのか、不明です。きっと不具合だと思っているので、バージョン番号などを記録しておきます。
macOS 10.13.2
Xcode 9.2
Simulator 10.0
Mac Pro Late 2013
終了時なのであまり実害は無いのですが、コーディングの途中でシミュレータを終了するとコーディング出来ず、強制休憩になります。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. Qt 4.5をVisual Studio 2008と組み合わせる

  2. Obj-Cメソッドの戻り値の型は「BOOL」が良いと思う

  3. セットアップは楽にしないとダメですね

  4. [お知らせ] 「Safariとエクステンションの連携」というタイトルで…

  5. 改訂版がもう少しで完成

  6. MultiTextConverter2.0.5 Rev 2 Windo…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事