iOSシミュレータの終了が重い

Xcode 9のiOSシミュレータは複数のシミュレータを起動出来るようになりました。そのため、レイアウト関連のコードを書いているときなどは、複数のシミュレータを切り替えながら使うので、数個のシミュレータが開いた状態になります。作業が終わってシミュレータを終了しようとすると重い。。。1分くらいマシンが固まります。カーソルすら動きが遅くなり、数秒で動かなくなります。
これは不具合なのか、仕様なのか、不明です。きっと不具合だと思っているので、バージョン番号などを記録しておきます。
macOS 10.13.2
Xcode 9.2
Simulator 10.0
Mac Pro Late 2013
終了時なのであまり実害は無いのですが、コーディングの途中でシミュレータを終了するとコーディング出来ず、強制休憩になります。

関連記事

  1. Snow Leopard ServerでのRedmineのバックアップ…

  2. 今日は雪です

  3. 課題をこなすリズム

  4. VMware上へ移行

  5. MSM 2011で講師をします

  6. 「iOSデバイスと共有 (WebDAV)」機能で便利になるiOSアプリ…

最近の著書

最近の記事