iOSシミュレータの終了が重い

Xcode 9のiOSシミュレータは複数のシミュレータを起動出来るようになりました。そのため、レイアウト関連のコードを書いているときなどは、複数のシミュレータを切り替えながら使うので、数個のシミュレータが開いた状態になります。作業が終わってシミュレータを終了しようとすると重い。。。1分くらいマシンが固まります。カーソルすら動きが遅くなり、数秒で動かなくなります。

これは不具合なのか、仕様なのか、不明です。きっと不具合だと思っているので、バージョン番号などを記録しておきます。

macOS 10.13.2
Xcode 9.2
Simulator 10.0
Mac Pro Late 2013

終了時なのであまり実害は無いのですが、コーディングの途中でシミュレータを終了するとコーディング出来ず、強制休憩になります。

お知らせ

プロフィール

林 晃
アールケー開発 代表
NPO法人MOSA 常任理事
ソフトウェアエンジニア

2005年にアールケー開発を開業し、企業から依頼を受けて、ソフトウェアを受託開発しています。macOSやiOSのソフトウェアを専門に開発しています。ソフトウェア開発の他に、技術書執筆、セミナー講師、オンライン教育コンテンツ開発などを行っています。

詳細はこちらをご覧ください。

アールケー開発について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする