テレビに付けるデバイスが楽しい

少し前からアマゾンプライムの会員になり、プライムビデオが楽しいなぁと夜な夜なドラマや映画を見ています。ちょっと、見るだけでは無く、まともに1時間と2時間映像を見るようになると、MacやiPadのディスプレイよりも大きなテレビで見たいですね。今は色々な仕組みが有ります。

Apple TV

Apple TVはアップルが開発しているTVにつないで使うセットボックスです。最新版ではtvOSアプリがストアからダウンロードできるようになり、ゲームもあるので、しばらくはまっていました。
映像を見るときは、YouTubeアプリを使ったり、Air PlayでMacやiPad/iPhoneから映像を飛ばすことが出来ます。iOSのプライムビデオのアプリからもAir Playで映像を飛ばすことが出来ます。MacやiOSデバイスの外付けモニタとしてテレビを使うようにも出来ます。
Apple TV
Apple TVはtvOSのアプリが使えるようになってから、ゲームマシンとしても面白くなりました。特にBluetooth接続できるゲームパッドを買った後はやばかったです。しばらく、レーシングゲームにはまっていました。
買ったのは、NIMBUSというもので、マイクロUSB充電で使います。電池はなかなか減らないです。また、tvOSだけではなく、iOSデバイスともペアリング出来るので、iPadと組み合わせて使うことも出来ます。弱点というか、仕様なのですが、アプリ側で対応されていないとダメです。これはコントローラが悪いのでは無く、OSのせいです。
Nimbus Wireless Gaming Controller

Google Chromecast

ChromecastはGoogleが開発しているメディアストリーミングデバイスです。私が持っているのは1つ前のモデルで、スティック型です。最新型は丸っこい形をしていて、「Chromecast」と「Chromecast Ultra」があります。Ultraの方は4Kも対応しています。
Chromeの拡張機能でWebブラウザの画面をChromecastに飛ばせる機能が面白いなと思っています。YouTubeのようにAir PlayとGooglecastに対応しているサイトからは、Safariからも映像を飛ばせますが、非対応サイトの場合出来ません。画面全体をミラーリングするのならOKですが。ChromeのWebブラウザの画面を飛ばす機能なら、非対応でも飛ばせられます。とはいっても、あくまで、ブラウズ画面をミラーリングしているのですが、面白い機能だと思います。
Google Chromecast

Fire TV

Amazonが開発しているデバイスです。Androidを内蔵していてプライムビデオもテレビに差して楽しめます。他のデバイスから映像を飛ばして使うことも出来ますが、単体でアプリを使うことが出来ます。専用のリモコン付属です。
スティック型と据え置き型とあって、据え置き型の方は有線LANや4K対応にも対応しています。正直、プライムビデオに4Kのコンテンツが結構あったのが一番驚きでした。
専用のリモコンは音声認識も入っていて、アプリ内での検索とFire TV全体からの検索も出来ます。YouTubeの検索やプライムビデオの検索とかが出来ます。
Fire TVを内蔵していないテレビの方にスティック型を付けて使っています。リモコンが使いやすい。
[広告] Fire TV Stick (2017)

[広告] Fire TV

Fire TV内蔵テレビ

Fire TVは内蔵しているテレビもあります。私が使っているのはSONYのブラビアで、買ってきてからしばらくはフリーズは多いし、番組表を出す度に音が数秒消えるし、反応は遅いしで、Android TVは失敗だったかなと感じていました。
しかし、OSのバージョンアップで状況が大きく変わりました。自動アップデートにしていたので、どのタイミングのアップデートで改善されたのか、気づいていませんでしたが、いつの間に上に書いたような問題が全て解消されていました。
そうなると、機能の方に目が行き、アマゾンビデオアプリで、テレビ単体でプライムビデオが見られる快適さに気が付きました。また、4Kも対応しています。
プライムビデオだけではなく、YouTube、ニコニコ動画もAndroid TVだとテレビ単体で見られます。

アマゾンプライムについて

アマゾンの有料会員のプログラムです。お急ぎ便無料になるとかだけではなく、ビデオオンデマンドのプライムビデオが見られるようになるとか、音楽のストリーミングサービスのプライムミュージックが使えるとか、色々なサービスがあります。年々、サービスが拡充されていっています。
[広告] アマゾンプライム
2015年の記事ですが、担当の方のインタビュー記事も紹介します。
アマゾン、「追加料金なし」で攻めた2015年–プライム担当者インタビュー
ですが、個人的な意見として、プライムミュージックは音楽好きには物足りないと思います。私自身も、音楽についてはアップルミュージックの会員になっていて、そっちで聞いています。
アップルミュージック
アップルミュージックとプライムミュージックは、方向性が違います。それが悪いことでは無く、味付けの違いだと思いますし、プライムミュージックのターゲット層からは私は外れているということです。
2016年のインタビュー記事がありました。そこからも、方向性の違いなのだということが分かりましたので、紹介します。
「Amazon Prime Musicは狙いが違う」。アマゾンジャパン ポール・ヤマモト氏インタビュー

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. 仮想マシンでキーボードが反応しなくなったけど、すぐ、復活

  2. MSM2011にご参加の皆様、ありがとうございました

  3. Macを起動するときのキーコンビネーション

  4. Cornerstone、これだけ知っていればとりあえず始められる

  5. Gitの管理ディレクトリを分離する

  6. Wi-Fi親機を入れ替え

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事