iMac 27インチをホワイトボードの代わりにしたら作業効率が向上した

私はチケット駆動開発で開発を行っています。そうすると欲しくなるのが大きなホワイトボード。カンバンボードを書いて、付箋でチケットを張って、状況を一目で分かるようにする。また、チケットの状況を更新することがモチベーションアップにもなります。
しかし、本当に紙でやると色々な面で不便なので、JIRAを使ってチケット管理をし、JIRAのボードを使っています。
そこで、余っていたiMac 27インチを使って、Webブラウザをフルスクリーン表示にして、JIRAのボードを表示したままにするというスタイルにしてみると、何とも効率が良いです。
チケットを更新するときは、単純なステータス更新はiMac上のボード上でドラッグして更新します。コメントを書いたりするときは、手元の作業マシンで更新しています。
更に、Webブラウザのタブで、Confluenceを出しておいて、切り替え出来るようにしてみました。表示するのは、日報兼今日の作業予定表。毎朝、今日の予定を書き入れたページを作っています。このようにしておくと、直ぐに状況とやるべき事が見えるようになります。
最近、ポモドーロ・テクニックを取れ入れて、日報の方にポモドーロ数で見積もりを入れています。作業が完了すると、この日報の結果欄に作業結果を書き、実際にかかったポモドーロ数も記録します。見積もりと結果がかなり乖離していることもありますが、それ自体も良い発見になります。
ホワイトボードの代わりにという気持ちで、このような使い方を始めたのですが、作業効率の向上につながっていると実感しています。
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事