iPhone 7のSuicaを試してみた

一昨日のことですが、iPhone 7のSuicaをやっと試してみました。ずっとやってみたかったのですが、なかなか出かける用事が無く、試せずにいました。

iPhone 7のSuica対応

知っている人も多いと思いますが、iPhone 7からSuicaを取り込んで、iPhone 7をSuicaとして使うことができるようになりました。Apple PayとiPhone 7に搭載されたFeliCaによって実現しました。

Visaカードでもチャージは可能

Apple Payの対応クレジットカードはここに掲載されています。
Apple Pay に対応しているアジア太平洋地域の銀行とカード発行会社 – Apple サポート
非常に残念なことに、この記事を執筆している時点(2016年11月3日)では、Visaには対応していません。対応しているクレジットカードを作れば良いのですが、何か納得いかない気持ちが先立ち、新しいカードは作っていません。
しかし、SuicaへのチャージはVisaでも可能です。Apple Payに登録したSuicaへのチャージは、Suicaアプリを使います。このアプリは、チャージする金額の支払い方法に「クレジットカード」と「Apple Pay」を選択することができます。クレジットカードを選択すると、Apple Payに登録していないカードを使うことができ、Visaも対応しています。
とりあえず、Suicaを使いたかっただけなので、VisaがApple Payに対応していないという不満は忘れられました。
AppStore : Suicaアプリ

タッチはベタではなく先端を斜めに

Suicaをエクスプレスカードに設定するとロックしたままでもSuicaが使えるようになるそうです。最初にSuicaを登録した場合はSuicaがエクスプレスカードになります。

ロックされている状態でホームボタンをダブルクリックで読み取る状態になります。焦ってトリプルクリックや4回クリックなどをしてしまうと、ホーム画面に行ってしまうので注意です(私は数回、これをやってしまいました)。改札を通る寸前では無く、少し早めに表示しておいた方が良いです。

Suica読み取り

Suica読み取り


タッチ方法ですが、先端を斜めにかざすようなイメージが良いようです。アンテナの位置の関係らしく、カードのSuicaやおサイフケータイのイメージで、ベタっとくっつけるようにすると、読み取りにくいそうです。
公式サイトのイメージ写真も先端を斜めにかざしているようなイメージです。
Apple Pay – 始め方 – Apple(日本)

使った金額が通知される!

実際に使って見ました。上手く読みとれると、ぶるっと揺れて、Suicaアプリにいくら使われたのかがプッシュ通知されます。Suicaで電車やバスに乗るようになってから、切符代がいくらなのか、さっぱり分からなくなっていましたが、通知されて残るので、はっきりと分かります。経費にするときに、通知が残っているので、調べる手間が減ります。

使った金額の通知

使った金額の通知


また、残金がいくらなのかいつでも分かる点もうれしいです。今まで、おサイフケータイが使用できる機種を持ったことが無く(ずっと、iPhoneなので)、モバイルSuicaでは当たり前だった便利さを、今になって知りました。
チャージがいつでもできるのも良いですね。家でもチャージできます。但し、Suicaアプリは時間が経つとログアウトされているので、電車の中でチャージしようとしたときに、パスワードを覚えていないと、チャージできません。これには気をつけましょう。
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. Lion ServerのWiki Serverで作成できる項目の違いに…

  2. 「開発者にとってXcode 5は何が変わったのか」というセミナーを行い…

  3. Qt 4.5をVisual Studio 2008と組み合わせる

  4. BambooでiOSアプリの継続的ビルド&テストを行う

  5. MSM2011にご参加の皆様、ありがとうございました

  6. AtomはUndo情報も覚えている

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事