セットアップは楽にしないとダメですね

どうもメインマシンの調子がおかしい。それもマニアックなおかしさ。例えば、Preview.appのカラーマッチングがおかしい。ずっとEl Capitanの不具合だと思っていたのですが、今日、確かめようと思い、Mac Book Proで確認すると問題なし、外付けHDDにインストールして、メインマシンで確認してみても問題なし。
どうも、Yosemiteからアップグレードインストールして使ってきていたOSがおかしいようなので再インストールしました。
私はOSのセットアップはよくやるのですが、最近、面倒に感じていました。そもそも面倒な作業なのですが、以前はゴミが片付いて良いくらいの感覚でいたのですが、必要なソフトが多く、それも、セットアップが結構、面倒なものが多いので、いい加減、疲れてきました。
特にメール。複数のアカウントを使っているので、メーラーに全部設定するのが非常に大変であり、ストレスになってきました。
改めて思いました。セットアップは楽に出来ないとダメだなと。そもそも使っているメールサーバーはいずれもクラウドベースでWebログイン出来るものです。昔ながらのメーラに設定しないと送受信できないわけではありません。今回はWebベースで直接使うことにしました。
そして思いました。設定の同期、もしくはサーバーにアカウント一つログインすれば、設定などはサーバーが記憶していて、新しいマシンでも即座に使い慣れている状態になるということが如何に重要か。
今後は、自分が開発するアプリについても、できる限り、同期と導入の容易さを意識して行きたいと思います。
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事