JIRAのステータスに「保留」を追加する

外部的な要因で進められないチケット用にJIRAのステータスに「保留」を追加してみました。今までは、「クローズ」したり、少し待つものは「作業中」という扱いにしていたのですが、これだと、本当に作業しているのか、それとも待っているのかが分からず、状況が掴みにくいと思います。

ステータスの追加方法

スタータスを追加するには、次のように操作します。
(1) プロジェクトの管理画面を開く
(2) ワークフローの編集ボタンをクリックして、ワークフローの編集画面を表示する
(3) 「ステータス」をクリックして、ステースの編集画面を開く
(4) 「ステータスを追加」ボタンをクリックして、「保留」を追加する

ワークフローの追加

ワークフローにステップを追加して、保留状態にするためのワークフローを追加するには、ワークフローの編集画面で次のように操作します。
(1) 「新しいステップの追加」の「ステップ名」に「Suspension」や「保留」などを入力する
(2) 「トランジションの追加」ボタンをクリックしてトランジションを追加する。
(3) 「Open」、「In Progress」、「Reopened」の3つのステップの「トランジションの追加」ボタンをクリックして、「Postpone Issue」というトランジションを追加する。「Postpone Issue」トランジションは「保留」に変更するトランジションにする。
(2)の操作を繰り返して、必要なトランジションを追加します。私の場合は、「Suspension」という名前にしたステップからは次のようなトランジションを追加しました。

  • Open Issue (「オープン」に変更するトランジション)
  • Reopen Issue (「再オープン」に変更するトランジション)
  • Resolve Issue (「解決済み」に変更するトランジション)

JIRA Agileの列追加

JIRA Agileのボードにも「保留」状態の列を追加すると、便利なので、次のように操作して追加します。
(1) ボードの設定画面を開く
(2) 「列」をクリックして、列の管理画面を表示する
(3) 「列を追加」ボタンをクリックして、「保留」という列を追加する
(4) 「マッピングされていないステータス」から「保留」をドラッグして、列の「保留」にドロップする
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事