Office365のiOS用SDK公開のこと

Offic3 365のiOS用SDK公開というニュースが先日ありました。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/office/aa905340.aspx
この出来事は結構重要な出来事になるような気がします。
少し前に、Apple社とIBM社とでエンタープライズ事業についての戦略的提携が発表されました。これにより、エンタープライズ分野でのiPadやiOSを使ったシステムの採用が進むと思われます。それに加えて、上記のOffice 365のAPI公開とを組み合わせて考えてみると、開発者にとっては大きなチャンスにもなるような気がします。
加えて、.NetのMacやLinuxへの移植とOSS化の発表もありました。Visual Studioの条件付きの無料化も発表されました。
これら一連の出来事は、エンタープライズ系の開発者は注目した方が良いと思います。
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. 「新フレームワーク探求記」という連載を始めます

  2. お問い合わせフォームのリニューアル

  3. Mac Pro の強さはベンチマークの数字以外にもある

  4. 新年明けましておめでとうございます!

  5. iPhoneやiPadでのフォルダはジャンルより作業で区切った方が良さ…

  6. Apache Shiroについて

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事