Webアプリ上での作業が増えました

インターネットを初めて使ったときから、使い続けている種類のソフトの中に「メーラー」があります。GMailを使うときも、iCloud、プロバイダのメール、VPSのメール、全てメーラーを使ってきました。それが当たり前のことでした。
しかし、最近、気がつきました。無理にメーラーを使わなくとも、直接Webメールを使えば良いと。以前は、使いにくく、その場しのぎのような印象があったのですが、気がつけば、メーラーからでは使えない機能も生まれてきている。
開発や写真の加工など、クライアントでしかできないことも多いですが、それ以外の作業は段々とWebアプリというかWeb上のシステムに移行しつつあります。
メールはOffice 365が仕事用のメイン。iCloudがプライベート。GMailとプロバイダメール、VPSメールはあまり使わないという構成です。いずれもブラウザ上で作業できます。仕事中に書いているドキュメントや課題管理は、ConfluenceとJIRA。外に置けないデータは内部のサーバーで運用していますが、それ以外はオンデマンド上に構築しています。これももちろんブラウザ上で作業できます。
何年も前に、PCやMac上で行う作業は、ほとんどがWebアプリになると言っていた人たちがいますが、そうなるかもしれませんね。熱烈なネイティブアプリ大好きな私でさえも、ブラウザ上での作業が増えてしまったほどですから。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事