VMware上へ移行

JIRAやConfluenceを動かしているサーバーがどうにも調子悪くなってきたので、移行作業を行いました。いい機会なので(と自分に言い聞かせて)VMware上に構築したCentOSに移行しました。
以前から、何度も仮想PC上でこれらのサービスを動かす検証はしていたのですが、今回は本格的に移行しました。プロダクトによって移行の仕方も異なりました。概要を書くと次のような感じです。
・Stash
現行のサーバーの設定画面で、先にDBだけ移行しました。移行先のサーバーにDBとアカウントなどを作っておいて、設定画面で入力すると、データが全て移行されます。
それが終わったら、Stashを終了して、データフォルダを丸ごと移行先にサーバーにコピーします。コピーしたら、データフォルダのユーザーとグループを正しい値に設定して完了です。
・Confluence
現行のサーバーの設定画面からバックアップデータを作成します。このとき、添付ファイルも含めて作成できるオプションをONにします。作成されたバックアップファイルをダウンロードして、移行先のサーバーのConfluenceにログインします。セットアップ中にバックアップファイルをアップロードできる画面があるので、ダウンロードしたファイルをアップロードして完了です。
・JIRA
原稿サーバーの設定画面からバックアップデータを作成します。JIRAの場合は添付ファイルは含まれないので、バックアップデータと一緒に原稿のサーバーから直接ダウンロードします。
移行先のサーバーのセットアップ画面でバックアップデータを指定できるので、ダウンロードしたファイルをアップロードします。添付ファイルは、移行先のサーバーのデートフォルダに直接コピーします。
VMware上に移行したので、次からは仮想PCファイルと仮想ディスクファイルのコピーだけで、物理マシンの移行はできそうです。

関連記事

  1. iOS 6.1でSDK的に変わったこと

  2. Snow Leopard ServerとWindowsのファイル共有

  3. 通販サイトの配達の箱、小さくなって欲しい

  4. RKDetailDesign Nightly Build 162.00…

  5. C言語逆引きハンドブックの発売日について

  6. WordPressが重いときの対策方法

最近の著書

最近の記事