VMware上へ移行

JIRAやConfluenceを動かしているサーバーがどうにも調子悪くなってきたので、移行作業を行いました。いい機会なので(と自分に言い聞かせて)VMware上に構築したCentOSに移行しました。
以前から、何度も仮想PC上でこれらのサービスを動かす検証はしていたのですが、今回は本格的に移行しました。プロダクトによって移行の仕方も異なりました。概要を書くと次のような感じです。
・Stash
現行のサーバーの設定画面で、先にDBだけ移行しました。移行先のサーバーにDBとアカウントなどを作っておいて、設定画面で入力すると、データが全て移行されます。
それが終わったら、Stashを終了して、データフォルダを丸ごと移行先にサーバーにコピーします。コピーしたら、データフォルダのユーザーとグループを正しい値に設定して完了です。
・Confluence
現行のサーバーの設定画面からバックアップデータを作成します。このとき、添付ファイルも含めて作成できるオプションをONにします。作成されたバックアップファイルをダウンロードして、移行先のサーバーのConfluenceにログインします。セットアップ中にバックアップファイルをアップロードできる画面があるので、ダウンロードしたファイルをアップロードして完了です。
・JIRA
原稿サーバーの設定画面からバックアップデータを作成します。JIRAの場合は添付ファイルは含まれないので、バックアップデータと一緒に原稿のサーバーから直接ダウンロードします。
移行先のサーバーのセットアップ画面でバックアップデータを指定できるので、ダウンロードしたファイルをアップロードします。添付ファイルは、移行先のサーバーのデートフォルダに直接コピーします。
VMware上に移行したので、次からは仮想PCファイルと仮想ディスクファイルのコピーだけで、物理マシンの移行はできそうです。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. iCloudでのブックマーク同期はほぼリアルタイム

  2. Twitterの即応性に改めて新鮮味を感じた

  3. GreenHopperのボードにReopenも表示したい

  4. Apacheのパフォーマンス調整

  5. XcodeのリファレンスはiOSとOS Xアプリの開発を区別してくれる…

  6. RKDetailDesign Nightly Build 162.00…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

人気記事

最近の記事