最近のOS Xでのインストーラ作成

OS Xのアプリは、最近はアプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップでコピーしてインストール完了というものが増えてきましたが、インストーラを使った方が良い場合もあります。例えば、アプリをインストールするときに、必要なOSのバージョンのチェックを行いたいときや、インストールと同時に実行しておきたい処理があるとき、READMEを表示したいとき、使用許諾契約書を表示させたいときなど、少し考えてみて、色々なことが浮かんできます。
OS Xでインストーラを作るには、長い間「Package Maker」というアプリが使われてきました。このアプリは、開発者用のSDKに入っていました。現在はこのアプリは廃止されてしまい、「productbuild」というコマンドラインから実行するプログラムを使うように変更になっています。
Xcode 4.6のリリースノートにも書かれています。
詳しい使い方は、man productbuildで参照するようになっていますが、これを読んでみても少しわかりにくいですね。整理してみると、次のような使い方が良いようです。
productbuildコマンドに「–synthesize」オプションを指定して、インストーラの設定を行うXMLのひな形を出力する(最低限の設定が書かれたファイルが出力される)
出力されたファイルをベースに必要な設定を追加する。このXMLファイルの構文については「Distribution Definition XML Schema Reference」pkgbuildを使ってproductbuildで出力するインストーラの中に含めるpkgを作成する。(pkgbuildは指定したフォルダ内のファイルを指定した場所にインストールするpkgを作れる)
productbuildでXMLとpkgbuildの出力pkgを使って最終インストーラを出力する
Gatekeeperのコードサイニングはproductbuildの「–sign」オプションを使うか、productsignコマンドを使う
決まった定型作業なので、シェルスクリプトを作っておくと便利そうです。これに加えて、必要なフォルダの作成とdmgファイルの作成も、そのスクリプト内で行えば、全自動にできるので、効率的に作業できます。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. 山手トンネルウォークに参加しました

  2. Sublime Text 2 というテキストエディタを試し中

  3. 堀之内公園の大賀ハス

  4. 「Storyboardsを使った開発手法を学ぶ」のレポートが公開されま…

  5. RKTextConverter 1.0.0公開

  6. MOSADeN Onlineの記事をアップしました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事