PDFの管理にConfluenceを使ってみた

今まで色々なタイミングで作ってきたPDF。スライドのPDFだったり、テクニカルなドキュメントだったりが大量にあるのですが、これを整理する方法でしっくりくるものがなく、放置してきました。必要なときはタイトルから検索するか、OS XのSpotlight検索を使って中身を検索するということをしてきたのですが、ふと、Confluenceなら添付ファイルの中身が検索できるから、登録すれば良いのではないかと思い、登録してみました。
予想通り、添付ファイルの内容で検索されるので、見つけるのに非常に便利な状態になりました。Spotlight検索はMacオンリーですが、ConfluenceはWikiなのでiPadやiPhone、Windowsマシンからも検索と内容の閲覧ができるので、非常に便利な状態です。元が紙の書類で、OCRをかけてあるものなども検索できるので過去資料を見つけるのにも良い感じです。
1ファイル1Wikiページで登録するのが良い感じです。関連資料は同じページに入れても良いですが、検索のときに1ファイル1Wikiページなら、検索結果がファイル検索したのと同じ感覚です。関連資料はリンクをWikiの本文内でリンクを張れば良いと思います。
一つだけ弱点は、最初は登録作業が面倒かも。。。未登録ファイルが大量にあるからですが。これからPDFを作ったタイミングで登録するようにしようと思います。 少しでも作業量を減らすために、マクロで添付ファイルをリスト表示するものを入れたテンプレートを作ってみました。これで少しだけ楽になりました。

投稿者プロフィール

林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. Xcodeの静的アナライザ

  2. 紹介 – 「仕組み」進化論

  3. StoryboardとXibの使い分け

  4. MultiTextConverter2.0.5 Rev 2 Windo…

  5. MySQL, phpMyAdminのセットアップ

  6. WordPressが重いときの対策方法 その2

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事