Obj-Cメソッドの戻り値の型は「BOOL」が良いと思う

Objective-Cのメソッドの戻り値の型は「BOOL」が良いと思っています。
こう書くと、何でもかんでも「BOOL」にするべきだと、言っているように誤解されてしまいますね。「BOOL」にした方が良いと思うのは、次のタイプのメソッドのときです。

  • 成功したのか失敗したのかを返すとき

C言語であれば、成功したかどうかを返すときは、エラーコードを返すことが多くあります。エラーコードは一般的には整数型です。そして、エラーコードとして一般的に使われるのは、「0はエラー無し」という定義です。
MacのCarbonの関数でも「noErr」という定数が定義されていて、「エラー無し」を示し、この定数の値は「0」です。
Objective-Cでも同様に、戻り値の型を整数型にしてエラーコードを返すようにすることはできますが、ちょっと考えると不便な点が出てきます。
今、「MyObject」というクラスがあるとし、そのクラスには「doSomething」というメソッドがあるとします。このメソッドは、エラーコードを返し、成功したら「noErr」を返すものとします。それと、「MyObject」クラスの共有インスタンスを返す「sharedInstance」というメソッドもあるとします。

[cc lang="objc"]
@interface MyObject
+ (MyObject *)sharedInstance;
- (NSInteger)doSomething;
@end
[/cc]

次のようなコードを考えてみます。

[cc lang="objc"]
MyObject *obj = [MyObject sharedInstance];
if ([obj doSomething] == noErr)
{
    NSLog(@"Successed");
}
[/cc]

特におかしなところはないコードです。ここで、「sharedInstance」が、このクラスを使用できないマシンでは「nil」を返すとするとちょっと問題が起きます。「obj」が「nil」になってしまうと、「[obj doSomething]」は「0」になってしまい、「noErr」になってしまいます。「obj」が「nil」ということは、クラスを使用できないので「doSomething」も失敗なのにです。「obj」が「nil」ではないかどうかをチェックすることもできますが、それよりも、Objective-Cの特徴を活かして、戻り値の型を「BOOL」にしてみると次のようになります。

[cc lang="objc"]
@interface MyObject
+ (MyObject *)sharedInstance;
- (BOOL)doSomething;
@end
[/cc]
[cc lang="objc"]
MyObject *obj = [MyObject sharedInstace];
if ([obj doSomething])
{
    NSLog(@"Successed");
}
[/cc]

このようにすると、失敗したときは「NO」が返り、「obj」が「nil」のときは「0」なので「NO」という解釈になります。「obj」が「nil」のときも、本当に「doSomething」が失敗したときも同じ扱いになります。
このような理由で「成功したのか失敗したのかを返すとき」は「BOOL」にした方が良いと思います。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. 自分にとってのチケット駆動開発

  2. Windows 10からOS Xのファイルサーバーへの接続がちょっと不…

  3. 初めてのプール

  4. Mac OS XとWindows間でのハードディスク共有

  5. CVSパスワード認証サーバーpserverのセットアップ

  6. 週一メンテナンス

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事