Qt 4.5をVisual Studio 2008と組み合わせる

Qtがバージョン4.5からLGPLライセンスで使用することができるようになりました。これにより、プロプライエタリなソフトでもQtを使用して開発が出来るようになります。
本 ドキュメントは、Qt 4.5のオープンソース版をVisual Studio 2008でビルドできるようにする設定方法です。Qt 4.5のオープンソース版はそのままでは、MinGWを使うようになっており、Visual Studioでビルドすることはできません。これはGUIだけではなく、コマンドラインでnmakeを使ってもビルドできないということです。 Visual Studioでビルドする必要が有る時(依存するライブラリの関係など)は商用ライセンスを購入するのがスマートなのかもしれませんが、オープンソース版 を使いたいという場合には本ドキュメントのようにすることで使用できるようになります。
なお、本ドキュメントは下記のブログを参考にさせていただきました。
■日々激烈熾烈妄想記: Visual Studio 2008 Express で Qt 4.5 をビルドする

http://caprico99.blogspot.com/2009/03/visual-studio-2008-express-qt-45.html

ライブラリの準備


次の手順でVisual Studioで全ライブラリをビルドします。

  1. 環境変数のPATHに「C:¥Qt¥2009.02¥qt¥bin」を登録する。
  2. Visual Studio 2008 コマンドプロンプトを起動する
  3. 「cd C:¥Qt¥2009.03¥qt」としてディレクトリを移動する
  4. 「set QMAKESPEC=win32-msvc2008」として、Visual Studio 2008を使用してビルドすることを設定
  5. 「configure -debug-and-release -D _CRT_SECURE_NO_WARNINGS」としてMakefile作成
  6. 「nmake」としてビルド

私の環境で、合計3時間弱かかりました。

環境変数

次の環境変数を設定します。
[TABLE=3]

確認

QtCreatorで何かビルドしても、「Compiler Output」でログを確認します。nmakeが使われていて、-specパラメータで「win32-msvc2008」が出ていれば、Visual Studioがビルドに使われています。

Visual Studio Add-In

Visual Studio用のAdd-Inもダウンロードできます。Add-InをインストールするとVisual Studio上でQt用のプロジェクトファイルを作成できたり、qmakeを呼び出したりすることが出来ます。
インストールを行うと、「Qt」メニューがVisual Studioに追加されます。次のようにして設定を行います。

  1. 「Qt」メニューから「Qt Options」を選択する
  2. 「Qt Versions」タブをクリックする
  3. 「Add」ボタンをクリックする
  4. 「PATH」の選択ボタンをクリックし、「C:¥Qt¥2009.02¥qt」を選択する

なお、ライブラリの準備に書いた、Visual Studioでのライブラリのビルドを行っていないと、私の環境では上記のパスを選択できませんでした。

参考ページと関連ページ

日々激烈熾烈妄想記: Visual Studio 2008 Express で Qt 4.5 をビルドする
Nokia : Qt – A cross-platform application and UI framework

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. アドレスブックの保存先を明確にしたい

  2. 「開発者にとってXcode 5は何が変わったのか」というセミナーを行い…

  3. Lion Recovery Disk Assistantが公開されたよ…

  4. Confluenceから良い感じのPDFを作れる様にしてみた

  5. Mac Pro Late 2013 と MacBook Pro 201…

  6. 外付けのSSDにOSを移動しました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事