見間違い防止のため「入力中にスペルチェック」をオフにしてみた

いろいろなWebサービスを使っているとアカウントがたくさん増えてきます。すると管理しなければいけないIDやパスワードもたくさん増えてきます。全部のサービスで同じパスワードを使っていると、何か起きたときに怖いので、私はすべて違うものにしています。
そして、それらをテキストファイルで管理しているのですが、見ながら入力しようとすると、余分な赤線が表示されて見間違えてしまうことがありました。「g」とから「y」とか「v」とかが見間違えてしまいます。(Macの標準アプリのテキストエディットです)
今日も「v」が「y」に見えてなかなかサインインできないというはまり方をしてしまいました。この機能、オフにできないかと調べてみると、オフにできました。オフにする方法は、「編集」メニューの「スペルと文法」から「入力中にスペルチェック」を選択して、チェックを解除するだけでした。スペルチェックだったんですね。
ただ、これだと、毎回オフにしないといけないことに気がつきました。デフォルトでオフにする方法を探してみると、次のようにすればよいことがわかりました。

  1. 「テキストエディット」メニューから「環境設定」コマンドを選択する
  2. 「新規書類」タブを開く
  3. 「オプション」の「入力中に自動スペルチェック」をオフにする
  4. ウインドウを閉じる

スペルチェックは手動になりますが、これで見間違えないですみます。
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事