見間違い防止のため「入力中にスペルチェック」をオフにしてみた

いろいろなWebサービスを使っているとアカウントがたくさん増えてきます。すると管理しなければいけないIDやパスワードもたくさん増えてきます。全部のサービスで同じパスワードを使っていると、何か起きたときに怖いので、私はすべて違うものにしています。
そして、それらをテキストファイルで管理しているのですが、見ながら入力しようとすると、余分な赤線が表示されて見間違えてしまうことがありました。「g」とから「y」とか「v」とかが見間違えてしまいます。(Macの標準アプリのテキストエディットです)
今日も「v」が「y」に見えてなかなかサインインできないというはまり方をしてしまいました。この機能、オフにできないかと調べてみると、オフにできました。オフにする方法は、「編集」メニューの「スペルと文法」から「入力中にスペルチェック」を選択して、チェックを解除するだけでした。スペルチェックだったんですね。
ただ、これだと、毎回オフにしないといけないことに気がつきました。デフォルトでオフにする方法を探してみると、次のようにすればよいことがわかりました。

  1. 「テキストエディット」メニューから「環境設定」コマンドを選択する
  2. 「新規書類」タブを開く
  3. 「オプション」の「入力中に自動スペルチェック」をオフにする
  4. ウインドウを閉じる

スペルチェックは手動になりますが、これで見間違えないですみます。
 

関連記事

  1. 「googletest」をXcodeで使う

  2. Simplicityをアップデート

  3. GUIクライアントを使うとコミット漏れが防げる気がする

  4. C言語逆引きハンドブックの発売日について

  5. 改訂3版 基礎から学ぶiPhoneアプリ開発のページができました

  6. Vistaのブートローダーに表示される文字列の変更方法

最近の著書

最近の記事