仮想PCで開発作業

業務によって使うソフトが変わってくるのですが、OSまで含めて変更しなければいけないことも多くあります。今までは物理的なマシンで分けてきたのですが、どうにも効率が悪いと思えてきました。特に顕著に感じるのは、作業しやすい大きめの画面にして、複数台用意すると場所が足りない。そこで、仮想PCを使うことにしました。
今まで、サーバーやテスト環境には使ってきましたが、開発作業や執筆作業に本格的に仮想PCを使ったことは無かったのですが、快適に使えました。但し、マシンパワーが必要。私の持っている中で最もパワーがあるマシンはMac Proなので、これに集中させてみました。
仮想PCはVMware Fusionを使いました。物理CPUコアは8個なので、仮想PCには4個以下を割り当てます。最初、8個、割り当ててみたところ、仮想PC側のパフォーマンスが極端に落ちて、オーディオの再生(iOSシミュレータ上で、動かしている開発中のアプリ。AVFoundationでオーディオ再生)がとぎれとぎれになってしまいました。4個に下げてみると、途切れることもなくなり、動作も快適になりました。
次に、キーボードの問題。VMware上で動かしているLionのキーマップは日本語キーボードを使っていても英語キーボードとして認識されてしまいます。キーマップを変更するなどの対策方法もあるようですが、私は英語キーボードを使うことにしました。アルファベットの配置は変わらないのですが、記号やコントロールキーの位置など、微妙に違うので、押し間違いが多い状態ですが、そのうち、慣れるだろうと思っています。
こんな感じで、仮想PC上で開発作業を始めて1週間。大きな不満はなく使えています。1つだけ不満があるとすれば、トラックパッドでスクロールさせたときに、もたつきがあることです。それ以外の面は快適です。
 

関連記事

  1. Apache Shiroについて

  2. 外付けSSDでHFS+とAPFSのベンチマークを取ってみました

  3. セミナー「Webと連携するアプリ開発のポイント」を行います

  4. Mac版のExcel 2016とATOK 2015は相性が悪い?

  5. 改訂版がもう少しで完成

  6. Snow Leopard ServerでのRedmineのバックアップ…

最近の著書

最近の記事