クラスのモダン化

長年使っていて、機能もかなり大きくなったクラスを置き換える作業は、インターフェイスをそろえて内部を書き換えるか、インターフェイスも含めてモダン化させるかについてかなり迷います。
こんなとき、私は、インターフェイスをモダン化させて、それをラップするインターフェイスを別途用意して、古いインターフェイスからはラッパーを通して、新しい機能は直接、新しいインターフェイスを使うようにすることが多いです。
二度手間のようにも見えますが、ラッパーを作るのはほとんど手間にならないので、利用側のインターフェイスの書き換えを最小化できる点が良いと思っています。
 

関連記事

  1. BootCampでAeroが有効にならなかったときの修正方法

  2. MOSADeN ONLINE 第17回の原稿アップしました

  3. 新刊の原稿書き上がりました

  4. MultiTextConverterのOS X 10.8対応

  5. Nibファイルに空のポップアップボタンを配置するときの注意

  6. Markdown

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI