Evernoteを使った執筆

先日のエントリーでWikiを使った執筆について書いたところ、知人からEvernoteを勧められたので使ってみると、原稿の執筆という作業と非常に相性が良いことがわかり、どっぷりとはまってしまいました。
執筆ツールとしてEvernoteを使ってみて、書籍のCHAPTERを一つ仕上げてみて、複数のデバイス間で同期をとってくれるという点が、原稿の執筆はMac、見直しはiPadという私のスタイルにすごくなじんでくれて、楽になりました。バックアップという面で見ても、ローカルにもデータが存在しており(キャッシュとしてですが)、Evernote社側のサーバーにもコピーが有るという状態になるので、データ損失の可能性が非常に低くなったと思っています。なお、ローカルのマシンはTimeMachineでもコピーを取っているので、ローカルのキャッシュデータもコピーされているはずですので、いろいろな場所にバックアップが分散されているという状態を作れています。
しかし、私にとっては一つだけ難点が有ります。それは、TABの扱い。Evernoteの内蔵テキストエディタで書いていると、TABが自動的に半角スペースに変換されてしまいます。私の原稿では、TABと半角スペースはそれぞれ意味をもって使い分けているので、困りものです。しかし、その点はいずれ良くなってくれることを祈りつつ、テキストエディタを使えば、TABに置き換えることもできるので、当面は変換で乗り越えようと思います。変換の手間を考えても、Evernoteでのメリットが大きいので。このような便利なツールが現実的なコスト(というか、むしろ非常に安い)で使えるようになった世界に感謝です。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. Lionでの動作カーネルの確認方法

  2. 書籍の校正作業

  3. Mac App Store版に乗り換え後の認識エラー?(解決)

  4. iOS 11 の大きなタイトルのナビゲーションコントローラの表示方法

  5. MultiTextConverterのSwiftで書き直しを始めました…

  6. MSM 2019 で SwiftUI についてのセッションに登壇しまし…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事