NSTrackingAreaクラス

NSViewでカーソルのトラッキングを行うとき、NSViewクラスのaddTrackingRect:owner:userData:assumeInside:メソッドを使っていましたが、Mac OS X 10.5のときにNSTrackingAreaクラスが追加されて、もうちょっとオブジェクト指向的になっていたことに気がつきました。
機能的にはaddTrackingRect:owner:userData:assumeInside:と違いはないように思いますが、updateTrackingAreasという気になるメソッドがあります。
ドキュメントによるとNSViewのサブクラスを作ったときにオーバーライドして、トラッキングエリアの更新を行えるという位置づけのメソッドです。
NSViewのトラッキングエリアの指定は、ビューのサイズが変わったときや移動したときなどに自動的には追従してくれないので、そのことを意識したメソッドのようです。
動作環境が10.5以降のときはこっちを使った方がスマートですね。

関連記事

  1. Tsearch2のセットアップ -SUSE Linux 9.1 編-

  2. 前提条件を減らして気を配ったコーディングが重要

  3. BootCampを使ったMacへのWindows XPのインストール

  4. Simplicityをアップデート

  5. Wordのファイルの結合

  6. ディスプレイの下に空間が出来ました

最近の著書

最近の記事