iPhone 4 と iPhone 4S 側面が少しだけ違う

iPhone 4とiPhone 4Sですが、全く同じデザインだと思っていたのですが、側面は少しだけ違いました。下の写真で左側がiPhone 4、右側がiPhone 4Sです。ぱっと目立つのは、スリット(?)というか黒い部分がiPhone 4は下側だけ、iPhone 4Sは上下にあります。
それともう一つ。最初は気づかなかったのですが、音声をミュートにするためのボタンの位置が1mmほど下側に変わっています(写真では置いた位置が正確ではないですが)。iPhone 4Sのバンパーをつけてみると、ちょっとボタンの位置がぎりぎりになって、操作するときに引っかかるような感じだったので、ケースを買い替えました。

iPhone 4(左) と iPhone 4S(右)

iPhone 4(左) と iPhone 4S(右)

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事