NSURLクラスのフラグメントの解釈

NSURLクラスの「fragment」メソッドは、URLのフラグメントを返してくれます。ただ、その動作は「#」以降をすべてフラグメントとして解釈するとなっているようです。
例えば、「https://www.rk-k.com/test.html#name=10?from=browser」というURLがあった場合、「fragment」メソッドと「query」メソッドの戻り値は次のようになります。
fragment : name=10?from=browser
query : nil
RFC 1808では、URLを次のように定義しています。
<scheme>://<net_loc>/<path>;<params>?<query>#<fragment>
つまり、定義的には、フラグメントは最後にあるべきで、クエリーはフラグメントよりも前にあるべきということです。そのため、「https://www.rk-k.com/test.html?from=browser#name=10」というURLでは、次のように値が戻ります。
fragment : name=10
query : from=browser
プログラム中でフラグメントを解釈するとき、クエリーが含まれているかもしれないことを注意しなければいけないようです。

投稿者プロフィール

林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. MSM2014でエクステンションについてセミナーを担当します

  2. MultiTextConverter 3.5.5を公開しました

  3. FileVaultとバックアップ

  4. ArduinoにLCDを追加

  5. 文章の執筆にも課題管理をすると捗る

  6. Subversionのコメントはしっかり書いた方が良い

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事