NSURLクラスのフラグメントの解釈

NSURLクラスの「fragment」メソッドは、URLのフラグメントを返してくれます。ただ、その動作は「#」以降をすべてフラグメントとして解釈するとなっているようです。
例えば、「http://www.rk-k.com/test.html#name=10?from=browser」というURLがあった場合、「fragment」メソッドと「query」メソッドの戻り値は次のようになります。
fragment : name=10?from=browser
query : nil
RFC 1808では、URLを次のように定義しています。
<scheme>://<net_loc>/<path>;<params>?<query>#<fragment>
つまり、定義的には、フラグメントは最後にあるべきで、クエリーはフラグメントよりも前にあるべきということです。そのため、「http://www.rk-k.com/test.html?from=browser#name=10」というURLでは、次のように値が戻ります。
fragment : name=10
query : from=browser
プログラム中でフラグメントを解釈するとき、クエリーが含まれているかもしれないことを注意しなければいけないようです。

関連記事

  1. 仮想マシンと実機

  2. MOSA Software Meeting 2012で講師をしました

  3. サイトのリニューアルを行っています

  4. もっと早く知りたかったと思わせるIDE

  5. Twitterの即応性に改めて新鮮味を感じた

  6. FTPサービスの設定 (vsftpdの導入)

最近の著書

最近の記事