Lionでの動作カーネルの確認方法

32ビットカーネルと64ビットカーネルのどちらで動作しているか確認したいとき、Snow Leopardまではシステムプロファイラで確認できました。しかし、Lionでは、システムプロファイラに動作カーネルが表示されなくなってしまいました。
Lionで動作カーネルを確認したいときは、ターミナルから「uname -a」と入力します。例えば、この記事を書いているMacBook Airで実行すると、64ビットカーネルのときは次のように表示されます。
Darwin MacBook-Air.local 11.1.0 Darwin Kernel Version 11.1.0: Tue Jul 26 16:07:11 PDT 2011; root:xnu-1699.22.81~1/RELEASE_X86_64 x86_64
このように、最後に「x86_64」と表示されていたら64ビットカーネルです。同じマシンを32ビットカーネルで動作させると次のように表示されます。
Darwin MacBook-Air.local 11.1.0 Darwin Kernel Version 11.1.0: Tue Jul 26 16:09:02 PDT 2011; root:xnu-1699.22.81~1/RELEASE_I386 i386
このように、32ビットカーネルで動作している場合は「i386」と表示されます。
32ビットカーネルと64ビットカーネルの切り替えは「systemsetup」プログラムで実行できます。カーネルの切り替えは次のようにします。
・32ビットカーネルで起動
[cc]
sudo systemsetup -setkernelbootarchitecture i386
[/cc]
・64ビットカーネルで起動
[cc]
sudo systemsetup -setkernelbootarchitecture x86_64
[/cc]
SnowLeopardからアップグレードしたマシンでは、32ビットカーネルで動作している場合があります。一度、確かめておくのも良いと思います。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. RKTextConverter 1.0.0公開

  2. ArduinoにLCDを追加

  3. RKDetailDesign 1.6.1 公開しました

  4. VMware上へ移行

  5. 紹介 – Redmineによるタスクマネジメント実践技法

  6. Qt 4.5をVisual Studio 2008と組み合わせる

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事