[解決] MySQLを古いバージョンに戻せない

Mac OS X 10.6.7にインストールしたMySQLをアンインストールし、古いバージョンをインストールしようとしたのですが、「新しいバージョンが既に存在する」というエラーが出てしまい、インストール出来ないという状態になってしまいました。
従来であれば、次のファイルを削除すれば、アンインストール完了となるはずでした。

  • /usr/local/mysql
  • /usr/local/mysql-xxx (xxxはバージョン番号)
  • /Library/StartupItems/MySQLCOM
  • /Library/PreferencePanes/MySQL.prefPane
  • /Library/Receipts/mysql-xxx-osx10.6-x86_64.pkg (xxxはバージョン番号、その他はインストールしたアーキテクチャ依存)

しかし、「/Library/Receipts」にあるはずのpkgのコピーが無く、それ以外を削除してもアンインストールしたとは認識されません。
調べてみると、次のファイルを削除する必要があるようです。

  • /private/var/db/receipts/com.mysql.mysql.bom
  • /private/var/db/receipts/com.mysql.mysql.plist

上記の2つのファイルを削除すると、古いバージョンをインストールできるようになりました。
ダウングレードできずに困っている方、お試しください。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. iMessageのステッカーサンプル作成

  2. ネットワーク越しのTimeMachineでの復帰方法

  3. ArduinoからマイクロSDカードへの書き出し

  4. boot2dockerはDocker実行用のLinuxディストリビュー…

  5. VMware Fusion上のWindows 8.1でHyper-Vを…

  6. Swift逆引きハンドブックのSwift 3.0対応についての情報を公…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事