PHP PEARのMDB2のメソッド

PHP PEARのMDB2を使ったデータベース接続で使用するメソッドのまとめです。自分が使っているもののみなので、全部ではありません。暗記はしていますが、ふっと思い出せないときに便利かと思い書きました。

ライブラリの読み込み

require_once "MDB2.php";

接続

$db = MDB2::connect($dsn);

$dsnは次の構文で記述する。

DBドライバ://ユーザ名:パスワード@ホスト名/データベース名

データベース名の後ろに「?charset=utf8」を付けてUTF-8を文字コードに使用することを指定することが可能。できなかったときは「set names utf8;」というクエリー実行する。

解除

$db->disconnect();

クエリー実行

$qをクエリーとする。

DBから値をとらないとき

$res = $db->exec($q);

DBから値をとるとき

$res = $db->query($q);
$res->fetchRow($mode);  // 1レコード取得。

$modeには次のいずれかを指定。

MDB2_FETCHMODE_ORDERED  // 配列
MDB2_FETCHMODE_ASSOC    // 連想配列
MDB2_FETCHMODE_OBJECT   // インスタンス変数になる

エラー判定

PEAR::isError($res);

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. リモートグラフィカルログインの設定

  2. Lion ServerのWiki Serverで作成できる項目の違いに…

  3. Obj-Cメソッドの戻り値の型は「BOOL」が良いと思う

  4. アドレスブックの保存先を明確にしたい

  5. GreenHopperのボードにReopenも表示したい

  6. iMac 27インチをホワイトボードの代わりにしたら作業効率が向上した…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事