PHP PEARのMDB2のメソッド

PHP PEARのMDB2を使ったデータベース接続で使用するメソッドのまとめです。自分が使っているもののみなので、全部ではありません。暗記はしていますが、ふっと思い出せないときに便利かと思い書きました。

ライブラリの読み込み

接続

$dsnは次の構文で記述する。

データベース名の後ろに「?charset=utf8」を付けてUTF-8を文字コードに使用することを指定することが可能。できなかったときは「set names utf8;」というクエリー実行する。

解除

クエリー実行

$qをクエリーとする。

DBから値をとらないとき

DBから値をとるとき

$modeには次のいずれかを指定。

エラー判定

関連記事

  1. Yahoo MailのOutlook 2011での設定について

  2. JIRAのステータスに「保留」を追加する

  3. ArduinoからマイクロSDカードへの書き出し

  4. Objective-Cのクラスの前方宣言がないと困ること

  5. Gitへの移行 – その2

  6. Swift、オープンソース化、本当に出た!

最近の著書

最近の記事