カードデータ作成

執筆中のARKit解説書のサンプルアプリで使用するカードデータを作成しました。

サンプルアプリはこの画像をプリントアウトしたものをカメラで読み取らせてARコンテンツを表示します。

データは自宅の庭や富士山に行ったときの写真をPhotoshopで加工して、Illustratorに持っていて作成しました。プリントアウトして使ってもらいたいので意図した大きさでプリントできるPDFも作成。

頭に浮かんだ最初の構想ではもっとシンプルな中に描かれているシェイプだけのカードだったのですが、ある理由によりカラフルになりました。理由は書籍の中で解説します。

ここ最近はひたすらコードと原稿というテキストのみの世界に浸っていたので、久しぶりのデザインワークでした。

ARカード

この記事は「基礎から学ぶ ARKit」の制作の裏側を紹介するメイキング記事です。「基礎から学ぶ ARKit」はARKitのAPIを使ったアプリ開発を解説する技術書です。著書についてはこちら → 基礎から学ぶ ARKit

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

アプリ・ソフト開発、書籍執筆に力を入れて活動中です。
ご相談はお問い合わせフォームよりお願いします。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. ARKitで物体検出のためのスキャンの背景

  2. ARKitの顔のトラッキング機能は精巧かつ高速

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

人気記事

最近の記事