カードデータ作成

執筆中のARKit解説書のサンプルアプリで使用するカードデータを作成しました。

サンプルアプリはこの画像をプリントアウトしたものをカメラで読み取らせてARコンテンツを表示します。

データは自宅の庭や富士山に行ったときの写真をPhotoshopで加工して、Illustratorに持っていて作成しました。プリントアウトして使ってもらいたいので意図した大きさでプリントできるPDFも作成。

頭に浮かんだ最初の構想ではもっとシンプルな中に描かれているシェイプだけのカードだったのですが、ある理由によりカラフルになりました。理由は書籍の中で解説します。

ここ最近はひたすらコードと原稿というテキストのみの世界に浸っていたので、久しぶりのデザインワークでした。

ARカード

この記事は「基礎から学ぶ ARKit」の制作の裏側を紹介するメイキング記事です。「基礎から学ぶ ARKit」はARKitのAPIを使ったアプリ開発を解説する技術書です。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. ARKitでコリジョンとアニメーション

  2. ARKitの物理シミュレーション

  3. ARKitの顔のトラッキング機能は精巧かつ高速

  4. ARKitで物体検出のためのスキャンの背景

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事