WKWebViewとSFSafariViewControllerのどちらに置き換える?

UIWebViewの置き換えは、通常はWKWebViewです。しかし、使っている場所の要件によってはSFSafariViewControllerでも十分な場合があります。

どちらに置き換えるかは要求仕様で決まる

どちらに置き換えるべきかは次のように考えれば良いでしょう。

  1. ページが読み込まれたタイミングで何かを行いたい。
  2. 読み込んだページや読み込もうとしたページのURLを知りたい。
  3. 表示中のページに対してJavaScriptを実行したい。

上記のどれかに当てはまるときはWKWebViewを使用するべきです。というよりも、SFSafariViewControllerでは実装できません。

本当にその仕様は必要ですか?

「ページが読み込まれたときに何かを行いたい」の「何か」は本当に必要ですか?

例えば、特定のURLやJavaScriptでビューを閉じたいだけだったりしませんか?それであれば、SFSafariViewControllerを使って、「閉じる」ボタンをナビゲーションバーに配置するだけでも十分ではないでしょうか。

ログイン画面を表示していて、特定のURLが来たら成功と見なして閉じたいという場合もあるでしょう。この場合、特にOAuth2ならばリダイレクト先をCustom URL SchemeのURLにすれば、UIApplicationDelegateで知ることができます。この場合も、SFSafariViewControllerで表示するURLを指定するときに、リダイレクト先を渡す様にすれば、SFSafariViewControllerで実装できます。

ブラウザを起動するのは本当に良い?

新規アカウント作成とかで、Safariを起動するようにするという方法もあります。しかし、これには注意した方が良いです。ユーザーエクスペリエンスを考えたときに、本当に良いでしょうか? その後、作成したアカウントでアプリにログインしますよね? ということはアプリとブラウザとを行き来することになります。

Safariを外部起動するくらいなら、SFSafariViewControllerをシート表示してアカウント作成ページを表示してしまってはいかがでしょうか。

 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. Combine入門 | Combineを使ってネットワーク接続する方法…

  2. Notarization Service の条件の緩和終了

  3. Combine入門 | CombineでTimer処理を行う方法

  4. OpenCVのセットアップ方法(iOSアプリ用)

  5. SwiftでCのポインタのインクリメント・デクリメントのコードを書き換…

  6. 【Docker】 macOS Catalina 10.15 で使うとき…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事