【2020/2/10更新】UIWebViewは廃止

2020年2月10日 WKWebViewとSFSafariViewControllerのどちらに置き換えるかについて書いた記事へのリンクを追加しました。

iOSアプリで埋め込みブラウザを使うには、次の3つの方法があります。

  • UIWebViewクラス
  • WKWebViewクラス
  • SFSafariViewControllerクラス

この中でUIWebViewクラスは非推奨になってしばらく経っていますが、とうとうAppStoreでは廃止になるようです。

Updating Apps that Use Web Views

上記の記事によると、新規のアプリについては2020年4月以降、既存アプリのアップデートについては2020年12月以降はUIWebViewクラスを使っているアプリは受け付けないそうです。

2020年1月19日 – UIWebViewからWKWebViewに書き換えるときの方法についてまとめた記事を追加しました。

どうするか?

基本的にはWKWebViewクラスに移行する必要があります。しかし、埋め込みブラウザを何に使っているかによると思います。

例えば、単純にサポートサイトを表示するだけやOAuth2のログインだけであれば、SFSafariViewControllerクラスで十分です。SFSafariViewControllerクラスはSafariの機能を持っているビューコントローラです。単純に表示するとブラウザになっています。

OAuth2のときは、リダイレクト先をアプリ専用のURLスキームを使ったURLにして、結果を受け取るようにします。SFSafariViewControllerは非表示でも良いので、ログイン待ちの間は非表示にして、プログレスインジケーターを表示しておくとかでも良いです。

SFSafariViewControllerクラスとWKWebViewクラス、どちらを使うようにするかについては次の記事に書きました。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. Cのバイナリデータを確保する処理をSwiftで書く

  2. macOS Big Sur 11以降でドライバ(KEXT)の許可を取り…

  3. 【Docker】 macOS Catalina 10.15 で使うとき…

  4. M1 Mac でのドライバの読み込み判断フロー

  5. SwiftとObjective-Cを共存させるならObjective-…

  6. Combine入門 | Combineを使ってネットワーク接続する方法…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事