Bitbucket Server で Git LFS を使う

今までGitに置いていなかったインストーラやアップデータを作成するためのファイルを、Gitで管理することにしました。置いていなかった理由はGitにバイナリの大きなファイルを置くと、リポジトリが肥大化して、クローンした先も悲惨な事になるからです。

ところが、Gitでバイナリファイルを管理したいというニーズは自分以外にもあるようで、Git LFSというものが生まれました。LFSは、Large File Storageの略です。Git LFSについての詳細は、次の公式サイトをご覧ください。

Git Large File Storage

Bitbucket Serverの設定

オープンソースにしているものは、GitHubに置いているのですが、今回のはオンプレのBitbucket Serverに置いています。

サーバー側の設定

Bitbucket ServerはGit LFSに対応しているので、次の手順で設定できます。

  1.  Server Settingを開く
  2. Git LFS enabledをオンにする

リポジトリの設定

LFSを使用するリポジトリでLFSを有効にする必要があります。次のように設定します。

  1. リポジトリの設定を開く(リポジトリ単位)
  2. Allow LFSをオンにする

クライアント側の作業

Git LFSのインストール

HomeBrewを使うのが簡単です。ターミナルで次のように入力します。
brew install git-lfs
git lfs install

LFSの対象ファイルの設定

次のようにして、対象ファイルのパターンを設定します。リポジトリ内に移動してから実行します。設定は「.gitattributes」ファイルに書き込まれます。次の例は、zipファイルを対象にする例です。
git lfs track
git lfs track "*.zip"

お知らせ

「小学生でもわかる プログラミングの世界」を執筆しました!

プロフィール

林 晃
アールケー開発 代表
NPO法人MOSA 常任理事
ソフトウェアエンジニア

2005年にアールケー開発を開業し、企業から依頼を受けて、ソフトウェアを受託開発しています。macOSやiOSのソフトウェアを専門に開発しています。ソフトウェア開発の他に、技術書執筆、セミナー講師、オンライン教育コンテンツ開発などを行っています。

詳細はこちらをご覧ください。

アールケー開発について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする