Bitbucket Server で Git LFS を使う

今までGitに置いていなかったインストーラやアップデータを作成するためのファイルを、Gitで管理することにしました。置いていなかった理由はGitにバイナリの大きなファイルを置くと、リポジトリが肥大化して、クローンした先も悲惨な事になるからです。
ところが、Gitでバイナリファイルを管理したいというニーズは自分以外にもあるようで、Git LFSというものが生まれました。LFSは、Large File Storageの略です。Git LFSについての詳細は、次の公式サイトをご覧ください。
Git Large File Storage

Bitbucket Serverの設定

オープンソースにしているものは、GitHubに置いているのですが、今回のはオンプレのBitbucket Serverに置いています。

サーバー側の設定

Bitbucket ServerはGit LFSに対応しているので、次の手順で設定できます。

  1.  Server Settingを開く
  2. Git LFS enabledをオンにする

リポジトリの設定

LFSを使用するリポジトリでLFSを有効にする必要があります。次のように設定します。

  1. リポジトリの設定を開く(リポジトリ単位)
  2. Allow LFSをオンにする

クライアント側の作業

Git LFSのインストール

HomeBrewを使うのが簡単です。ターミナルで次のように入力します。
brew install git-lfs
git lfs install

LFSの対象ファイルの設定

次のようにして、対象ファイルのパターンを設定します。リポジトリ内に移動してから実行します。設定は「.gitattributes」ファイルに書き込まれます。次の例は、zipファイルを対象にする例です。
git lfs track
git lfs track "*.zip"

 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. Wordで図表番号を使って分かりやすい資料にする

  2. Try CLion on the Ubuntu Linux to de…

  3. Transmitの同時接続数の上限値を設定する

  4. 古いOSは段々アプリが減ってくる

  5. Confluenceから良い感じのPDFを作れる様にしてみた

  6. Hyper-V上のLVMボリュームを空き領域まで広げる

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事