VMware FusionでSierraを動かすときはメモリ設定に注意

VMware Fusionで、macOS 10.12 Sierraを動かすときは、仮想マシンへの割り当てメモリに注意が必要です。
デフォルト設定では2048MBが割り当てられていますが、この設定のまま使っていると、強制終了する現象が起きるようになります。この状況になると、何度も起きるようになってしまいます。
色々試してみると、割り当てメモリを4096MB以上にすると再現しなくなるようなので、メモリ不足だったようです。
Sierraのシステム条件は2GBのメモリになっていますが、仮想マシンではもう少し必要なようです。
 

関連記事

  1. Macを起動するときのキーコンビネーション

  2. MOSADeN Online 第23回の記事をアップしました

  3. Parallels Desktop 9 の Windows を分離する…

  4. NSURLSessionのメモリの扱いについてメモ

  5. GUIクライアントを使うとコミット漏れが防げる気がする

  6. Mac OS X Legacy Libraryのリファレンス

最近の著書

最近の記事