VMware FusionでSierraを動かすときはメモリ設定に注意

VMware Fusionで、macOS 10.12 Sierraを動かすときは、仮想マシンへの割り当てメモリに注意が必要です。
デフォルト設定では2048MBが割り当てられていますが、この設定のまま使っていると、強制終了する現象が起きるようになります。この状況になると、何度も起きるようになってしまいます。
色々試してみると、割り当てメモリを4096MB以上にすると再現しなくなるようなので、メモリ不足だったようです。
Sierraのシステム条件は2GBのメモリになっていますが、仮想マシンではもう少し必要なようです。
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. BBEditのコマンドラインツール

  2. MultiTextConverterのOS X 10.8対応

  3. Snow Leopard ServerとWindowsのファイル共有

  4. 「新フレームワーク探求記」という連載を始めます

  5. メールサーバーを移行しました

  6. ArduinoからマイクロSDカードへの書き出し

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事