MultiTextConverterのSwiftで書き直しを始めました

書き直しは中止しました。全体をSwiftで書き直した方が良いという積極的な理由が無いのと、Objective-CとSwiftは共存できるためです。

フリーウェアとして公開しているMultiTextConverterのSwiftでの書き直しを始めました。
また、テキストエンコーディングの認識部分と行末コードの認識部分をSwiftで書いてみました。現在のコードは、C++とObjective-Cで書かれているのですが、それをそのまま使うというのでは無く、アルゴリズムは同じでSwiftでの新規実装です。そのため、時間がかかります。
書き直し後のアプリは、MITライセンスでソースも含めてオープンにする予定です。実装中のコードもGitHubに置いています。コアの部分から実装中で、まだ、テキストエンコーディングの認識処理と行末コードの認識処理、行末コードの変換処理しか実装していません。少しずつ残りの部分も実装していきます。
実装中のコードはこちら。
MTCCore

関連記事

  1. ドローンは何に使うのかの段階に

  2. MOSADeN ONLINE 第24回の記事を入稿しました

  3. Evernoteを使った執筆

  4. 紹介 – Redmineによるタスクマネジメント実践技法

  5. Lion ServerのWiki Serverで作成できる項目の違いに…

  6. セミナー「Webと連携するアプリ開発のポイント」を行います

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 2020.10.21

    GitLabへの移行