MultiTextConverterのSwiftで書き直しを始めました

書き直しは中止しました。全体をSwiftで書き直した方が良いという積極的な理由が無いのと、Objective-CとSwiftは共存できるためです。

フリーウェアとして公開しているMultiTextConverterのSwiftでの書き直しを始めました。
また、テキストエンコーディングの認識部分と行末コードの認識部分をSwiftで書いてみました。現在のコードは、C++とObjective-Cで書かれているのですが、それをそのまま使うというのでは無く、アルゴリズムは同じでSwiftでの新規実装です。そのため、時間がかかります。
書き直し後のアプリは、MITライセンスでソースも含めてオープンにする予定です。実装中のコードもGitHubに置いています。コアの部分から実装中で、まだ、テキストエンコーディングの認識処理と行末コードの認識処理、行末コードの変換処理しか実装していません。少しずつ残りの部分も実装していきます。
実装中のコードはこちら。
MTCCore

関連記事

  1. Meta Packageの作成環境

  2. Mac Pro Late 2013 と MacBook Pro 201…

  3. Parallels desktop 12 Pro Edition にア…

  4. Mac版のExcel 2016とATOK 2015は相性が悪い?

  5. Virtual USB AnalyzerとVMwareを使ったUSBパ…

  6. MSM2011にご参加の皆様、ありがとうございました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI