MultiTextConverterのSwiftで書き直しを始めました

書き直しは中止しました。全体をSwiftで書き直した方が良いという積極的な理由が無いのと、Objective-CとSwiftは共存できるためです。

フリーウェアとして公開しているMultiTextConverterのSwiftでの書き直しを始めました。
また、テキストエンコーディングの認識部分と行末コードの認識部分をSwiftで書いてみました。現在のコードは、C++とObjective-Cで書かれているのですが、それをそのまま使うというのでは無く、アルゴリズムは同じでSwiftでの新規実装です。そのため、時間がかかります。
書き直し後のアプリは、MITライセンスでソースも含めてオープンにする予定です。実装中のコードもGitHubに置いています。コアの部分から実装中で、まだ、テキストエンコーディングの認識処理と行末コードの認識処理、行末コードの変換処理しか実装していません。少しずつ残りの部分も実装していきます。
実装中のコードはこちら。
MTCCore

関連記事

  1. PDFの管理にConfluenceを使ってみた

  2. Yahoo MailのOutlook 2011での設定について

  3. Mac OS XとWindows間でのハードディスク共有

  4. 文章の執筆にも課題管理をすると捗る

  5. 古いマシンのGit対応

  6. 今後はソフトがもっと重要になる

最近の著書

最近の記事