この記事は1年以上前に書かれた記事です。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。 This article was written over a year ago. Please be aware that the information may be old.

Mac App Store版に乗り換え後の認識エラー?(解決)

Transmitをインストールしようと思ったのですが、どうしても、Mac App Storeでは「インストール済み」という認識になってしまい、再インストールができないという症状になっていました。他のマシンでは問題ないし、アプリケーションフォルダからは削除済みなのになぜだろう。。。としばらく悩んでいましたがやっと原因が分かりました。

ホームディレクトリの下の「Library/Application Support/Sparkle/Transmit」の中にアプリが残っていました。こんな場所にインストールした記憶は全くなかったのですが、調べてみると「Sparkle」というのは自動アップデータ機能を提供するためのフレームワークです。Mac App Store版のTransmitに乗り換えるまで、Webから購入したTransmitを使っていたので、TransmitはSparkleを利用しているようなので、そのときに行ったアップデータの一部が残っていたということのようです。このディレクトリに残っていたアプリを削除すると、Mac App Storeの認識も変わり「インストール」ボタンが押せるようになりました。

もし、同じような現象で悩んでいる方がいましたら、「~/Library/Application Support/Sparkle」ディレクトリは要チェックです。また、アプリをMac App Store版に乗り換えようと思ったときにもチェックした方が良いようです。

プロフィール

林 晃
アールケー開発 代表
NPO法人MOSA 常任理事
ソフトウェアエンジニア

2005年にアールケー開発を開業し、企業から依頼を受けて、ソフトウェアを受託開発しています。macOSやiOSのソフトウェアを専門に開発しています。ソフトウェア開発の他に、技術書執筆、セミナー講師、オンライン教育コンテンツ開発などを行っています。

詳細はこちらをご覧ください。

アールケー開発について

著書の紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする