Mac App Store版に乗り換え後の認識エラー?(解決)

Transmitをインストールしようと思ったのですが、どうしても、Mac App Storeでは「インストール済み」という認識になってしまい、再インストールができないという症状になっていました。他のマシンでは問題ないし、アプリケーションフォルダからは削除済みなのになぜだろう。。。としばらく悩んでいましたがやっと原因が分かりました。
ホームディレクトリの下の「Library/Application Support/Sparkle/Transmit」の中にアプリが残っていました。こんな場所にインストールした記憶は全くなかったのですが、調べてみると「Sparkle」というのは自動アップデータ機能を提供するためのフレームワークです。Mac App Store版のTransmitに乗り換えるまで、Webから購入したTransmitを使っていたので、TransmitはSparkleを利用しているようなので、そのときに行ったアップデータの一部が残っていたということのようです。このディレクトリに残っていたアプリを削除すると、Mac App Storeの認識も変わり「インストール」ボタンが押せるようになりました。
もし、同じような現象で悩んでいる方がいましたら、「~/Library/Application Support/Sparkle」ディレクトリは要チェックです。また、アプリをMac App Store版に乗り換えようと思ったときにもチェックした方が良いようです。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. Webサイトのシステムを全面刷新しました

  2. 紹介 – Redmineによるタスクマネジメント実践技法

  3. Gitへの移行 – その2

  4. boot2dockerはDocker実行用のLinuxディストリビュー…

  5. Xcodeの外部エディタを設定して効率アップ

  6. Mail.app 5.1 から Outlook 2011 への移行

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事