LionにphpMyAdminをセットアップする

別の記事でMySQLをLionにセットアップする手順(LionでMySQLを稼働させるための5ステップ)を書きましたが、MySQLをセットアップすると欲しくなるのがphpMyAdminです。phpMyAdminはブラウザからMySQLの管理ができるWebアプリケーションで、PHPで記述されています。Lionにもインストールして使用することができます。
この記事では、phpMyAdminをLionにセットアップする手順について紹介します。
WebサーバーはLionの「Web共有」機能を使用します。次のように操作します。
1. アップルメニューから「システム環境設定」を開く
2. 「共有」を開く
3. 「Web共有」のチェックを入れる
4. 「Web共有」をオンにすると表示される「コンピュータのWebサイトフォルダを開く…」ボタンをクリック
5. 「phpMyAdmin」から「phpMyAdmin」をダウンロードする(この記事の執筆時点での最新版は3.4.5でした)
6. ダウンロードして解答したフォルダ名を「phpMyAdmin」に変更して、4の操作で表示されたフォルダ(「/Library/WebServer/Documents」)にコピーする
7. コピーしたフォルダ内の「config.sample.inc.php」ファイルを同じフォルダ内でコピーする
8. コピーしたファイルの名前を「config.inc.php」に変更する
9. 「config.inc.php」ファイルを開き、次の行の「”」の中にランダムな文字列を適当に書く
[cc]
$cfg[‘blowfish_secret’] = ‘ここにランダムな文字列を書く’;
[/cc]
10. ファイルを保存して閉じる
11. PHPを有効にするため、「/etc/apache2/httpd.conf」ファイルを開く。なお、このファイルの保存には管理者権限が必要になるので、ターミナルで次のように入力して、「nano」で編集した方が簡単です。
[cc]
sudo nano /etc/apache2/httpd.conf
[/cc]
変更箇所は一カ所で、次の行の先頭の#を削除します。
[cc]
#LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so
[/cc]
次のように「#」を削除する
[cc]
LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so
[/cc]
「nano」での操作に慣れていない場合には、「Finder」の「移動」メニューから「フォルダへ移動」コマンドを選択して、「/etc/apache2」と入力し、「Finder」でフォルダに移動して、「httpd.conf」ファイルをデスクトップなどにコピーして編集してから、「Finder」でファイルを上書きするという方法もあります。
12. Apache2を再起動します。システム環境設定を開き、「共有」を開いて、「Web共有」を一度オフにして、再度オンにします。
この手順で成功すると、次のURLでローカルマシンにセットアップしたphpMyAdminを使用できます。
[cc]
http://localhost/phpMyAdmin/
[/cc]

関連記事

  1. File Manager由来のAPIがDeplecatedになっていた…

  2. Mac OS X 10.5 Leopard ServerでのSubve…

  3. GW中もいつもと同じ

  4. Parallels desktop 12 Pro Edition にア…

  5. StoryboardとXibの使い分け

  6. OSSのリポジトリで英語学習と技術学習

最近の著書

最近の記事