Notarization Service の条件の緩和終了

macOS 10.15 Catalinaからセキュリティ強化の一環で、Apple Notarization Serviceで公証を受けることが必須になります。

アップル社はデベロッパー向けのNews And Updatesに、昨年、2019年12月23日付けで次の記事を投稿していました。

認証の前提条件に関する更新

この記事の中で注目したいのは以下の部分です。

認証がまだの場合、認証サービスにソフトフェアをアップロードしてデベロッパログの警告を確認してください。2月3日からこれらの警告はエラーとなり、ソフトウェア認証のために修正が必要です。2月3日より前に認証されたソフトウェアは、macOS Catalinaで引き続きデフォルトで実行できます。

Apple – Developer News and Updates – Update to Notarization Prerequisites

緩和条件が適用されなくなるとどうなる?

この記事が公開される2020年2月3日以降は緩和条件が適用されなくなります。緩和条件が適用されなくなると、2020年2月3日以降に署名するプログラムが公証を受けるにはNotarizationの前提条件を全て満たす必要があります。

前提条件は以下の通りです。

  • Hardened Runtimeが有効化されている。
  • 全てのコンポーネント(実行バイナリ)がDeveloper IDで署名されている。
  • コード署名証明書にセキュアタイムスタンプが含まれている
  • macOS 10.9 SDK以降のSDKを使ってビルドされている。
  • com.apple.security.get-task-allowエンタイトルメントがtrueに設定されていない

Xcodeで普通にビルドしているアプリであれば、問題ないでしょう。Xcodeのバージョンを引き上げればOKです。

サードパーティのライブラリは要注意

サードパーティのライブラリが含まれている場合は要注意です。ライブラリがmacOS 10.9 SDKよりも古いSDKでビルドされていると、Hardened Runtimeを有効化したアプリではライブラリをロードできなくなります。

この場合は、ライブラリの開発元に新しいSDKでビルドしてもらう以外に対応方法がありません。

開発元が既に廃業している場合もあります。その場合は、機能そのものを削除するしかありません。

 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. Combine入門 | CombineでNotificationを受け…

  2. SwiftのUnsafeMutableBufferは[]演算子よりも速…

  3. 【Docker】 macOS Catalina 10.15 で使うとき…

  4. SwiftからC言語の関数を使う

  5. 【2020/4/1更新】【Swift|ObjC 】 UIWebView…

  6. iOS 13.4でWKWebViewがクラッシュするときはWebKit…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事